Look 10 Years Younger

更年期からのコスメは引き算。10歳若返るお肌とお財布にやさしいオーガニック&ノンケミカル美容レビュー


スポンサーリンク


アーティーチョークの成分で毛穴エイジングケア アンサージュのオイルクレンジングで潤いが持続



f:id:otona12:20180207184721j:plain

 

クレンジングってメイクが落ちればいいだけと思っていませんか? 私は泡立てた石けんでメイクを洗い落としていたのですが、上質なクレンジングオイルを使ってみて、美肌を目指すには重要なアイテムだってことを実感しました。

美白と毛穴改善に向けた話題の成分、アーティーチョーク葉エキスを高濃度に配合した「アンサージュ アーティーオイルクレンジング」の使い心地をレビューします。

 

石っけん洗顔だけでは油性メイクが落ちない

シンプルなスキンケアを提唱している皮膚科の先生によると、クレンジングは肌への負担がもっとも大きいスキンケアだと聞きました。油性メイクをなじませて落とすために、石油系の合成界面活性剤を使うと、肌を乾燥から守る細胞間脂質(NMF)まで落としてしまいます。天然の肌バリアが壊れて、乾燥肌、毛穴の開きなどのダメージに繋がるそうなのです。

 

f:id:otona12:20180207222648j:plain

肌への負担が大きいクレンジング

 

そこで私は添加物の入っていない固形の純石けんを泡立てて、メイクを洗い落とす方法を取ってきたのですが、目の周りのポイントメイクは残ってしまうんですよね。これじゃ毛穴の奥にメイク汚れが残ってしまうのでは?と不安でしたが、ごしごし擦って洗うと肌を傷めるのでNGです。翌朝の洗顔で、垢と一緒に落ちるだろうと放置することにしていました。

 

f:id:otona12:20180207222447j:plain

石けん洗顔でのメイク落とし

 

肌のためには24時間すっぴんでいれば良いのでしょうけれど、メイクは女のたしなみ&楽しみ。外出するときにはミネラルファンデとアイブロウ、マスカラぐらいは塗りたくなります。

苦肉の策で、美容用のオリーブオイルでメイクを落とすことにしたのですが、擦らないようにお湯ですすぐと、オイルが肌に残ってベタベタするんですよね。仕方なく石けんでW洗顔。洗い過ぎで肌が突っ張ることがしばしばでした。

 

肌に優しい非イオン系界面活性剤のクレンジング

ちょっと専門的な話になります。成分として悪者代表みたいに言われる界面活性剤は、クレンジング剤には必要なものです。界面活性剤が入っていなければ、油性メイクを水となじませ、乳化させて落とすという役目が果たせません。だからオリーブオイルだけじゃ上手くいかないんです。

 

望むべきクレンジング剤は、肌に優しい非イオン系の界面活性剤が入ったもの。タンパク質を変性させる力が弱いので、肌に残っても傷つけにくいメリットがあります。下の画像は「アーティーオイルクレンジング」のパッケージですが、上のほうに並んでいるカタカナの成分たちは、非イオン系界面活性剤。基礎化粧品にも多く配合されている、安全性の高い優秀な界面活性剤です。

 

f:id:otona12:20180207231713j:plain

アンサージュ アーティオイルクレンジング の成分表

 

一方で、避けたいクレンジング剤は、ラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Na、ラウリルベンゼンスルホン酸Naといった石油系の合成界面活性剤が入ったもの。

下の画像は、とある大手メーカーのクレンジングミルクですが、上のほうには非イオン系界面活性剤が並んでいても、下のほうには石油系のラウレス硫酸Naがプリントされています。しかもクレンジングミルクは界面活性剤の力だけでメイクを落とすので、肌への負担が大きいのです。

 

f:id:otona12:20180207232829j:plain

大手メーカーのクレンジングミルクの成分表

 

クレンジングオイル選びで大切なのはオイルの高級さ

油性メイクはオイルで落とす。これは理にかなった方法なので、リキッドやミルクよりもオイルクレンジングのほうがおススメです。ただし注意したいポイントは、どんなオイルを使っているかです。安い鉱物油を使っているクレンジングオイルでは、肌に刺激が強すぎて、天然バリアの皮脂までも一緒に落としてしまうからです。

 

アンサージュ アーティオイルクレンジング 」に使用されているオイルは、ホホバ種子オイル。すぐに落としてしまうクレンジング剤なのに、こんな高級オイルをメインにしているとは驚きました。

 

f:id:otona12:20180207234659j:plain

エモリエント成分にはホホバ種子オイルを使用

 

南アフリカ南部に自生している「ホホバの木」は、乾燥と熱に強い植物。その種子から抽出するホホバ種子オイルはビタミンEが豊富で、天然の防腐剤として使用されるほど抗酸化力が高く、湿疹や肌荒れなどを改善する殺菌作用もあります

 

f:id:otona12:20180208005211j:plain

ホホバ種子油を配合

 

他のオイルと一線を画すのは、ホホバ種子オイルは「油脂」ではなく、「ワックスエステル」と言って、私たちの肌にも20~30%含まれている成分であること。肌にハリと弾力をもたらし、潤いを与えてくれます。医療機関でも使われ、敏感肌から年齢肌までどんな肌にも対応できる万能性が注目されています。

 

 他にもエモリエント成分としては、オリーブスクワラン

f:id:otona12:20180208005331j:plain

オリーブスクワランを配合

 

エモリエント効果だけでなく、アロマ効果のある癒しの成分として、ラベンダー油も配合されています。アンサージュの製品はフローラルグリーンの香りで統一しているのだそうですが、クレンジングにはラベンダーの香りも加わって、落とすのがもったいないほど爽やかな香りで満たされます。

f:id:otona12:20180208005555j:plain

ラベンダー油を配合

 

クレンジングを使用した画像を自撮りしました

いつも通りのメイクで出かけた日、明るいうちに帰ってきたので、アーティーオイルクレンジングを使ってメイクを落としした画像を撮ってみました。

 

まずはメイクした顔。アテニアスキンレタッチャーの上に、ヴァントルテのミネラルシルクファンデを塗っています。ポイントメイクはナチュラグラッセのアイブロウパウダーと、ビューティーラッシュアイライナー、メイベリンのマスカラを付けました。

 

f:id:otona12:20180208011929j:plain

このメイクを落とします

 

メイク落としスタート。手のひらに適量をプッシュしました。透明でサラリとしたオイルです。

f:id:otona12:20180208010605j:plain

 

 肌に乗せて、手のひらでそうっと伸ばしました。ハーブ系の香りに癒されます。目の周りは擦りたくなりますが、いじらずに我慢我慢。

 

f:id:otona12:20180208012000j:plain

オイルを肌に伸ばしました

 

こうしているあいだ、肌に起きていること。オイルを塗っただけで、毛穴の隙間に成分が浸透して、水とオイルが乳化。汚れが毛穴から浮き上がるのだそうです。

 

ぬるま湯で洗い落としました。他のクレンジング剤の場合、さらに石けんでW洗顔していたのですが、「アーティーオイルクレンジング」はその必要性を感じません。

 

f:id:otona12:20180208012043j:plain

クレンジングオイルを洗い落とした後

 

WEBサイトでFAQを見たら、「アーティオイルクレンジングは、ダブル洗顔は必要ですか?」という質問がありました。アーティーウォッシュでのW洗顔を勧めているそうですが、クレンジングのみで終わることもOKなのだとか。その場合は洗い残しがないように、充分にすすいでくださいと書かれていました。

 

私はこの後、W洗顔せずに肌を放置していましたが、化粧水もつけないのに潤っているんですよね。エモリエント成分以外にも、特筆すべき保湿成分が入っていることを知り、けっこう感激しています。

毛穴トラブルに働きかけるアーティーチョーク葉エキスのケア成分

「アンサージュ アーティーオイルクレンジング」が、開発に最もこだわったポイントは、植物由来の美容成分を配合していること。製品名にもなっているアーティーチョークこそ、美容業界や健康食品業界で注目されている新しい成分なのだそうです。

 

f:id:otona12:20180208012919j:plain

アーティーチョーク

アンサージュでは全製品に可能な限り、栄養素を豊富に含むアーティーチョーク葉エキスを高配合しているのだとか。成分として最も注目すべきは「シナロピクリン」。アーティーチョークの苦みの元である成分で、葉にはいちばん多く含まれています。

肌に塗っても飲んでもよく、さまざまな美肌効果にアプローチする「シナロピクリン」ですが、クレンジング剤に適している理由は「毛穴トラブルの原因に働きかける」ことが分かってきたから。しかも肌のメラニン色素の働きを抑える美白効果まで期待できるのだそうです。

 

開発した山田製薬の想いがサイトに綴られていたので引用します。なんと100年以上も続いている老舗製薬会社の自信作だったのですね。

長年の研究を通して、私たち山田製薬はこのシナロピクリンを多く含むアーチチョーク葉エキスに着目。昭和48年に人と環境に優しい商品をコンセプトに化粧品の開発をスタートし、100年以上の歴史の中で培われた開発力を活かして、大人の毛穴悩みを解決すべくansage(アンサージュ)を開発しました。

 

f:id:otona12:20180208020329j:plain

100年以上の歴史を持つ山田製薬

 

だんだんと解明が進んで分かってきたシナロピクリンの凄さは、遺伝子レベルに働きかけること。太陽を浴びると肌がメラニン色素を増やそうとしたり、肌を分厚くして防御態勢を取ろうとするのは、遺伝子の暴走によるものですが、これによってシミ・シワが増えるのは困りますよね。シナロピクリンにはそんな遺伝子の暴走を抑える働きがあることが発見されたのだそうです。

 

f:id:otona12:20180208015047j:plain

シナロピクリンの毛穴へのアプローチ

f:id:otona12:20180208015743j:plain

何とかしたい毛穴トラブル

 

毛穴トラブルの原因は、加齢や紫外線、乾燥などによりコラーゲンが減少し、肌のリズムが乱れることによるもの。実年齢より老けて見えるなんてことにならないよう、アーティーチョーク葉エキスのシナロピクリンの研究がもっと進んでくれることを望みましょう。

 

さらに「アーティーオイルクレンジング」にはケア成分だけでなく、バリア成分として「セイヨウシロヤナギ樹皮エキス」も配合されています。潤いの膜で乾燥や肌荒れを防ぎ、ターンオーバーを正常化してキメの整ったなめらかな肌へと導いてくれます。

 

f:id:otona12:20180208020809j:plain

セイヨウシロヤナギ樹皮エキスを配合

 

ミシュラン6年連続掲載のラグジュアリーホテルでも採用

f:id:otona12:20180208021210j:plain

アンサージュ アーティオイルクレンジング のスタイリッシュなボトル


この手のシンプルでスタイリッシュなボトルは、ラグジュアリーなホテルに置いてあることが多いのですが、アンサージュも全くその通りでした。ミシュランガイド関西2016にて、6年連続神戸最高評価を受賞している「ラ・スイート神戸ハーバーランド」直営のスパ&エステティック「ラ・シェール」で採用されているのだです。

 

f:id:otona12:20180208022248j:plain

ラ・スイート神戸ハーバーランドで採用されているアンサージュ

 

さぞかしお値段も張るのでは?と思いますが、通常価格は2,800円。しかも定期便コースにすると、初回限定価格の1,400円(税抜・送料無料・いつでも解約OK)で手に入ります。

 
メーク落とし・洗顔料・化粧水・乳液の4点セットは、通常価格13,400円が初回限定価格で5,500円(税抜)。なんと8,000円引きになります。2カ月分が入った本品サイズで、60日間の返金保証も付いているので、かなりお得なのではないでしょうか。

 

f:id:otona12:20180208022625j:plain

2カ月分のフルセットは初回限定で5,500円

お気に入りのクレンジングオイルでメイク落としができると思うと、仕事帰りの寄り道をやめて、自宅へ直行。お風呂にゆったりと浸かってメイク落としをするなんて、久しぶりです。アンサージュは「ぬれた手でも使える」って、このことを言ってたのかと今になって気付きました。ラベンダーの香りを肌に広げて、至福のバスタイムです。

 

f:id:otona12:20180208022409j:plain

公式通販サイトはこちら

【アンサージュ】