Look 10 Years Younger

更年期からのコスメは引き算。10歳若返るお肌とお財布にやさしいオーガニック&ノンケミカル美容レビュー


1時間半でできるナイアード ヘナ+木蘭の安全な白髪染め



f:id:otona12:20170917141534j:plain

 

ケミカルな成分が入った白髪染めをやめてから、私は月に2回、木蘭(インディゴ)がブレンドされたヘナで染めています。グリーンノートヘナ、マックヘナ、ハーバルマホガニーを試し、今はナイアードのヘナ+木蘭に落ち着きました。いちばん売れているヘナのブランドだけあって、色持ちが良いのです。

 

www.younger10.net

 

f:id:otona12:20170607191545j:plain

 

 

 ヘナ染めを始めた当初は勝手が分からず、1日がかりの大イベントでしたが、今では道具の準備からドライヤーで乾かすまで、ちゃっちゃっと1時間半で終わります。私なりに簡素化した手順をご紹介しましょう。

 

ヘナ染めの前にパッチテスト

まずは使用3日前にパッチテストをします。何らかのアレルギーのある人は必ず行ってください。少量のヘナに水を加えて、マヨネーズ状に溶いたものを絆創膏のガーゼ部分に塗り、二の腕に貼ります。48時間置いて、かぶれが出ていなければ大丈夫です。

 

ヘナ染めの準備

用意するもの:ヘナ+木蘭 50グラム、ぬるま湯 200cc、ボウル、スプーン、洗面台をカバーするビニールや新聞紙、古タオル2枚、ビニール手袋、アルミ製ヘアキャップ

 

f:id:otona12:20170608035847j:plain

 

ナイアード ヘナ+木蘭の染め方

  1. 洗面台にヘナが飛び散っても大丈夫なように、覆いをしておきます。
  2. 髪はスタイリング剤やオイルが付いていない状態がベスト。よく梳かして、ヘナを塗りやすくしておきましょう。
  3. 捨ててもいいタオルを、肩を覆うように2枚巻きます(そのうち1枚は染毛後に頭に巻く)。手にはビニール手袋。
  4. ボウルにヘナ+木蘭を50g入れ、200ccのお湯(80℃ぐらい)を少しずつ足しながら、スプーンでマヨネーズ状に溶きます。
  5. 洗面台で鏡に向かい、溶いたヘナ+木蘭を手ですくい、前頭部の髪を小分けにしながらボテッと乗せていきます。塗り残しがないように揉みこむのがポイントです。
  6. 側頭部、後頭部に(耳の後ろやうなじ近辺を忘れずに)ヘナを全部乗せて揉みこんだら、髪を頭の上でお団子にまとめ、首のタオル1枚を巻きつけます。
  7. ドライヤーでまんべんなく5分間温めます(夏場は温めなくても平気だし、私はアルミ製のヘアキャップをかぶることでOKとしています)。
  8. アルミ製のヘアキャップをかぶって空気の層を作り、1時間放置します。それ以上置くと木蘭(インディゴ)は染めが退化していくので、時間は守ること。
  9. バスルームで洗い流します。合成シャンプーは使わず、できればお湯だけで洗うのがベスト。3回目ぐらいからは石鹸シャンプーで洗って、クエン酸リンスをすると、色持ちが良くなります。
  10. タオルドライをしたら、しばらく放置しておきます。濡れているほうが木蘭(インディゴ)は後からも染まっていくのです。でもお出かけするときや冬の寒い期間は、すぐにドライヤーで乾かしても問題ありません。
  11. ドライヤーで乾かすとき、指先とブラシが藍色に染まります。でも石けんで洗えば落ちますよ。
  12. 枕には藍色が付きますので、寝るときは注意してくださいね。汗を書く季節には、襟元が白い服は着ないほうが安心です。

 

アルミ製のヘアキャップは絶対にあったほうがいいです。百均でも売っていますが、私はマクシマ アルミじんわりキャップ を使っています。Amazonで見るとヘアダイブラシもお勧めで表示されますが、面倒なので使っていません。もみ込むように指で塗るのがいちばん早いですよ。

 

f:id:otona12:20170608041442j:plain

 

手早く染められるようになって、今ではナイアード ヘナ+木藍 をまとめ買いするようになりました。最初は100g入りを買って2回染めて、慣れてきたら400g入りを買うようにするとお得ですよ。

 

追記:

ヘナで染めている時間がないとき、これなら大丈夫と実感して、定期購入してる白髪用ヘアカラートリートメントがあります。20分で染まるルプルプ(LPLP)です。

弱った髪の補修と育毛に効果があるとして、AGP治療に使われている「フコイダン」を低分子化して配合しているのが特徴。今のところ、ヘナとルプルプを交互に使用して、白髪が前よりもずっと目立たなくなりました。

 

www.younger10.net