Look 10 Years Younger

更年期からのコスメは引き算。お肌とお財布にやさしいオーガニック&ノンケミカル美容。

唇の縦ジワと皮剥けをケアする口紅のラチュール オールインワンリップ

季節にかかわらず唇が乾燥すると、縦ジワが増えていきます。気づくと粘膜が薄く剥がれて、指で引っ張っているうちに血がにじむなんてことも・・・。無意識に唇をなめてしまうのもいけません。乾くときに水分を奪ってしまうので、ますます乾いていく原因になります。

 

 

歳をとるほど唇に縦ジワができる理由

唇は角質層とメラニン色素が極端に少なくて、紫外線の影響を受けやすいパーツ。しかもターンオーバーが早く、1週間で皮がポロポロとめくれます。歳をとるとコラーゲンの生産が減っていくので、粘膜を再生する暇もなく、シワがよっていくわけです。

 

これは去年の11月に撮った写真。艶が出るタイプのリップクリームを塗っているのですが、縦ジワが隠せません。しかもリップクリームを塗ったあとに口紅を塗ると、色が薄まってしまい、うまくつかないんですよね。

 

f:id:otona12:20170611134952j:plain

荒れた唇をケアするオールインワンの口紅を発見

どうやっても縦ジワが消えない唇に悩みながら、私はコスメポーチに口紅とリップクリームを持ち歩いていました。でも乾くたびにリップクリームを塗っていたので、口紅を持ち歩く意味がなかったのが実情です。

 

お肌にオールインワンクリームがあるなら、唇にもオールインワンの口紅はないの?と思っていた矢先、嬉しい出会いがありました。口紅しながら潤い唇へ導く、ラチュールの「オールインワンリップ」です。

 

 

f:id:otona12:20170611132428j:plain

 

 箱から出すと、黒いキャップのサインペンみたいな形状。お尻の黒い部分は、中の液を適量に出すためのダイアルになっています。説明書きを読んでいると、ひと塗り5役の機能があることが分かりました。「美容成分、保湿、ツヤ、発色、手軽さ」です。

 

使われている美容成分もチェック。口紅でありながら、ケアする力が大きいのです。

唇のボリュームアップ効果がある保湿成分 → マキシリップ
唇の潤いを守る保護成分 → セラミドコンプレックス
ハリとツヤを与える植物エキス  → エーデルワイスアルペンローゼ
発色のよい、みずみずしい唇をつくる天然成分  → スクワラン、ビタミンE

 

濃厚な美容成分が唇をガードする塗り心地

さっそく試してみようと、カラーを選択。学校やオフィスに、どんな日常にも使えるという人気色のPK02を購入しました。税込みで1,944円です。

 

お尻の黒いダイアルを回すと、先端の平筆にドロッとした液が出てきます。

 

f:id:otona12:20170611141959j:plain

 

まずは何も塗っていない唇の写真。下唇の縦ジワが気になりますし、皮が剥けた跡が残っています。この部分って、うまく口紅が乗らないんですよね。

 

f:id:otona12:20170611142501j:plain

 

ラチュール オールインワンリップの筆で、唇の輪郭を決めたら、真ん中を塗りつぶします。感触としてはねっとりした液体接着剤みたいな濃厚さ。隙間がないように、丁寧に描いていきます。あわてると外側にはみ出るので、ゆっくりと。

 

f:id:otona12:20170611143312j:plain

 

仕上がりはこの写真。塗っている途中は派手な色だったのが、なじむとちょうど良くなります。まだ縦ジワは消えないし、剥けている部分も残っていますが、つやつやのグロス効果で分かりにくくなりました。

 

f:id:otona12:20170611143424j:plain

 

年齢も年齢な私としてはベージュピンクが欲しかったのですが、全4色のなかではいちばん落ち着いたナチュラルピンクです。外出している間にだんだん落ちてくることを考えたら、これくらい鮮やかなカラーのほうがいいのかもしれませんね。

 

デリケートな唇を保護して、ひと塗り5役で「見せ唇」に変えるラチュール オールインワンリップ。もっとカラーが増えることを期待しつつ、唇の10歳若返りを目指すことにいたします。

ラチュール オールインワンリップ