Look 10 Years Younger

更年期からのコスメは引き算。お肌とお財布にやさしいオーガニック&ノンケミカル美容。

1日1分くわえるだけで顔の筋肉を鍛えるフェイシャルフィットネス パオ

私はこのブログの他に、「歳を隠すのをやめました」というファッションブログを書いています。毎日コーディネートを自撮りして、写真をセレクトするのは大変ですが、おしゃれを頑張る原動力にもなっています。

 

ところがいくらファッションセンスを磨こうと、どうにもならない問題が顕著になってきました。あごの下のたるみです。横から見ると、加齢のおしるしは隠せない! テレビで知った「あいうえべー」の顔面体操も毎日やってるんですが、重力の法則は容赦なく顔に現れるみたいです。

 

f:id:otona12:20170622235129j:plain

 

 

表情筋を鍛えるトレーニング器具のPAO

マッサージやフェイストレーニングじゃ手遅れなの?と困っていたところに、顔の筋肉を鍛える道具があることを知りました。飛行機のプロペラみたいな器具を、口にくわえてブンブン振る、フェイシャルフィットネス PAO(パオ)という商品です。

 

パンフレットにはこんな写真が載っています。30秒を1日2回、口にくわえて首を振るだけで簡単に表情筋を鍛えることができるという秘密兵器なのです。ほうれい線、シワ、たるみを改善することが医学誌にも掲載されて、もう50万本も売れているんですって。そういえば私もテレビ通販で見ましたよ。

 

f:id:otona12:20170623000423j:plain

 

PAOの実物を念入りにチェックしました

拝見した実物は想像したよりも大きくて、なんだか自動車のパーツみたいです。本体の色は、白・黒・ピンク・グリーンから選べます。

 

f:id:otona12:20170623001352j:plain

 

やじろべえみたいなバーは、手に取ってみるとしなやかです。シリコンラバーかな。筋肉を鍛えるにはちょうど良い重さかもしれません。

 

f:id:otona12:20170623001509j:plain

 

おもりを取り換えることで、運動強度をアップできます。

 

f:id:otona12:20170623005839j:plain

 

 

唇に負荷をかけるマウスピースの仕組み

パオの使い方。口を「お」の形に開けて、専用のマウスピースをくわえるそうですが、ブンブンしても外れない構造になってるんですね。楕円形になっていて、唇に360度フィットします。

 

唇全体の筋肉を使う仕組みなので、くわえるだけで口周りの筋肉にバランスよく負荷がかかるんだそうです。

 

f:id:otona12:20170623002609j:plain

 

表情筋は小さな筋肉で、負荷をかけることがとても難しいのに、PAO運動はシワを作るのを抑えながら、口輪筋に働きかけるんだとか。ということは、ピーンと張りのあるお肌になるってことでしょうか。

 

で、思い出したのが、お正月によくテレビで見た曲芸、「おめでとうございます!」の海老一染之助・染太郎です。口にくわえた棒の上に急須を載せて両手をパッと離し、拍手喝さいをもらっていたのは弟の染太郎さんですが、髪の毛は寂しくても、お肌はピッカピカで皺ひとつありませんでした。口にくわえる棒の先端には、確かマウスピースがついていましたよ。元祖PAO運動ですね!

 

f:id:otona12:20170706120640j:plain

 

早稲田大学の検証でもお墨付き

ところが染太郎さんの曲芸よりも、パオのほうが表情筋トレーニングへの近道であることがわかりました。早稲田大学では、顔の筋肉の修練運動に、どんな方法が向いているかの検証実験を行ったところ、唇を尖らすとかペンをくわえるといった従来の方法よりも、PAO運動が効率的に優れていることが証明されたそうです。

 

youtu.be

 

PAO運動は笑顔を意識してやると効率がアップするらしい・・・のですが、ごめんなさい、私が実際にくわえて試している写真はお見せできません。

 

すっぴん画像は見苦しさも構わずアップしておりますが、さすがにPAOをブンブンしてる顔をWEBで公開するのは恥ずかしいです。一緒に商品を見ていた周りの方々から、「撮ってあげる!」とのお申し出も断りました。ゴメンナサイ!

 

f:id:otona12:20170623011507j:plain

 

WEBサイトを見たら、効果検証のビフォー・アフターには、あごの下の肉がすっきりきれいになったモニターさんの写真が載っていました。始めて一週間ぐらいで、お友だちから「顔が小さくなったわね。どうしたの?」と聞かれたそうですよ。

 

はやく家でこっそり試してみたいPAO。あ、でも大変なハードルが待っています。バーをブンブンしたら猫じゃらしだと思って、ニャンコが絶対にとびかかってくるはず。笑いをこらえてPAOをくわえていたら、さらに口元の筋力がアップするかもしれませんね。

 

f:id:otona12:20170623012009j:plain

 

フェイシャルフィットネス PAO(パオ)