Look 10 Years Younger

更年期からのコスメは引き算。お肌とお財布にやさしいオーガニック&ノンケミカル美容レビュー

医療用の脱脂綿とガーゼで織られたキルトケット パシーマで寝ている間のスキンケア


f:id:otona12:20170917073008j:plain

 

日本の夏は湿度が高くて蒸し暑いのが特徴です。夜は寝苦しいのですが、私はエアコンを付けて寝るのは嫌いで、汗をかいても快適でいられる寝具を選ぶことにしています。

 

 

医療用レベルの脱脂綿とガーゼで織られたキルトケット

 

5~6年前から使っているのが、パシーマという国産ブランドのキルトケット医療用レベルの脱脂綿とガーゼで織った、特殊な布の肌掛け布団です。

 

f:id:otona12:20170731122542j:plain

 

夏はもちろんのこと、冬はこの上に羽根布団をプラスしています。毛布じゃないのに暖かくて、夏はタオルケットより涼しいという二刀流のスーパー肌掛けです。

 

見た目としては、今一つかな。シンプルなキルティングが一見、ベッドパットに見えますよね。おしゃれじゃないし、我が家のインテリアに合うとも言えません。

 

f:id:otona12:20170706003035j:plain

 

なのになぜこれを買ったかですが、ある大手の病院では寝具をすべてパシーマにしていると聞いたからです。患者さんの健康を第一に、身体に痛みのある人でも、少しでも安心してゆっくり眠れるために選んだのだそうです。

 

ものづくり日本の老舗が開発した脱脂綿とガーゼの寝具

 

パシーマは家でジャブジャブ水洗いできて、丈夫で清潔アトピーでも、赤ちゃんでも、肌が敏感なシニアでも快適に眠れる心地よさは、洗えば洗うほど肌に馴染んでくるから不思議です。

 

f:id:otona12:20170706004401j:plain

 

極度の肌荒れとアレルギーに悩んできた開発者は、もともと家業が福岡県で脱脂綿を製造してきた老舗。「脱脂綿は清潔で体に害がない」という叔父さんの言葉がいつも耳に入っていました。

 

60歳を超えて10以上の病気を抱え、薬の副作用で苦しんでいたとき、1日の1/3を共に過ごす寝具を何とかせねばと考えたのです。人の肌にとって一番やさしく一番安全な寝具を追求した結果、医療の現場で使われてきた「脱脂綿」と「ガーゼ」の組み合わせだけで作るという答えにたどり着きました。

 

肌に触れる布だからこそケミカル物質は無添加

 

 パシーマは日本の寝具で初めて「エコテックススタンダード100クラスⅠ」という、世界的な安全規格を取得しています。ケガをしたとき、病院で傷口に当てる脱脂綿とガーゼだからこそ、油脂分を取り除くのはもちろんのこと、抗菌剤・柔軟剤・蛍光増白材・糊料・防かび剤など余分なものを付着させず製造しています。

 

しかも「洗う」ことでダニや埃を簡単に落とせて、洗えば洗うほどふっくらしてくる織りかたをしているんです。

 

初めて洗ったとき、「柔軟剤は使わないでください」という注意書きに驚いたんですが、それもそのはず。ケミカルな添加物をたっぷり含んでいる柔軟剤など使わなくて済むように、パシーマは長年の技術を結集して作られているんですものね。

 

f:id:otona12:20170731122328j:plain

 

 

すっぽり顔を埋めて眠っても肌は蒸れずに清潔

 

私は週に一度パシーマを洗濯機で水洗いして、このように安心して顔に布を引っ付けて寝ています。薬剤を含まない液体せっけんだけで洗濯しているので、よりパシーマに信頼を寄せて、頬を擦り付けて寝ているわけです。

 

f:id:otona12:20170706011735j:plain

 

合成洗剤と柔軟剤をやめた理由は、もう一つのブログに書きました。寝ているあいだに皮膚を掻きむしって、身体が傷だらけになったことに端を発しています。

なにせ歳を取るほど、傷はなかなか消えてくれませんからね。よって。このときから安全なものだけに身を任せて眠ることを選びました。

 

www.connoisseur12.com

 

肌に心地よい肌掛けのファンになって、今はベッドパットもパシーマを使っています。WEB制作という仕事がら、ディスプレイの見過ぎで頭が覚醒してなかなか寝付けないので、ベッドに入ったとたん自然に眠くなる環境が欲しかったからです。

 

f:id:otona12:20170706014248j:plain

 

このように、パシーマのサンドイッチになって眠ると、寝汗をかいても安心。クイーンサイズのベッドなので布団も大きいのですが、ベッドパットと肌掛けの両方を洗濯機に放りこんで洗えています。

 

美容のキホンは肌が素に戻るベーシックな環境を作ること

 

そうだ、パシーマに似ていると思ったのは、WEB制作で使う「ノーマライズ」というスタンダードな技術。IEやChome、FireFox、Safariなどのブラウザに組み込まれている設定を全て取り除き、誤差をなくして、画面に映るものを素に戻すことからWEB制作をスタートするのです。

 

美容も同じですよね。肌が素に戻るベーシックな環境があってこそ、いろんなコスメの良さが分かるんじゃないでしょうか。きなりのキルトケットに頬を埋めて、今夜も質の良い睡眠を取りたいと思っています。

 

公式サイトはこちら 

パシーマキルトケット シングル きなり