Look 10 Years Younger

更年期からのコスメは引き算。お肌とお財布にやさしいオーガニック&ノンケミカル美容レビュー

がんこな癖毛と戦う半生記 4:わずか78度で艶々ストレートを作るヒートケア低温ヘアアイロン


f:id:otona12:20170902182502j:plain

 

癖毛の私にとって、欠かせない美容家電はヘアアイロン。でも火傷するような器具を髪に当てて良いのかが悩みです。

 

www.younger10.net

 

高温のヘアアイロンを使い続けて痛んだ髪

 

一時期はストレートヘアを断念してデジタルパーマにしたり、ホットカーラーで巻いたりしていましたが、どうしても真っすぐでサラサラの髪になりたいのが夢でした。

 

 癖毛を伸ばす器具は、温度が高いほどいいのかな? これまで私が使っていたのは、前回の記事に書いた通り、温度が240度まで可能な 2,280円のアイロンでした。安いのは嬉しいけれど、高温のセラミックに髪をはさんだ直後、ジュ―ッという音とともに白い煙(湯気)が上がるのです。まさに髪が火傷していました。

 

f:id:otona12:20170721022832j:plain

 

愛用者たちが平均78℃で使っている低温ヘアアイロン

 

髪が火傷したり痛んだりしないよう、できればヘアアイロンは使いたくないのが正直なところ。そこに、スタイリングしながら髪をケアする低温ヘアアイロンというのがあることを知りました。値段は14,800円。予約やアンケート返信による割り引きがあるそうですが、気軽に買える値段じゃないですよね。

 

まずはこのブログで確かめよう! 販売店にお願いして実物をお借りしました。30日間は全額返金が可能なシステムなので、正規に購入された方でも、使って問題があれば返品可能です。

 

f:id:otona12:20170729233257j:plain

 

さあ、どんな感じかな。箱を開けたとたん、これがヘアアイロン?と疑いました。クルクルドライヤーですよね。ところがスイッチを押すとパカッと開き、ストレート施術用のプレートが現れます。

 

f:id:otona12:20170729233656j:plain

 

でもねぇ、ストレートアイロンのプレートは金属なのが普通でしょ? この白い板で施術ができるのでしょうか。

 

温度が下がってもすぐに機能を取り戻すセラミックを採用

 

販売店のWEBサイトによると、ただの白いプレートだと思った部分は12枚!

普通は髪にヘアアイロンを当てたとたん一挙に熱が下がるのを、このプレートはじわじわと熱を滞留させて、温度をキープする仕組みになっているんだそうです。

 

f:id:otona12:20170729235010j:plain

 

そして単なる白いプレートだと思ったパネルは、遠赤外線セラミックスなんですって。髪の外側から芯までジワジワしっかり温めるW浸透機能になっています。

 

f:id:otona12:20170729235218j:plain

 

従来は180℃が当たり前で「髪が火傷」していたのを、低温で目的を叶えられるよう開発した成果が、この「ヒートケア低温ヘアアイロン」に繋がったのだそうです。

 

200℃のアイロンを使ってきた私が低温ヘアアイロンにトライしました

 

能書きを垂れるより、使ってみてナンボです。シャンプー後に手ぐしてヘアドライした髪で、うねりとボサボサが収まるように、出来ばえを試そうじゃありませんか。

 

これが単にドライヤーだけで乾かした状態。はねているアホ毛と頭頂のペッタンコが気になります。

 

f:id:otona12:20170730000644j:plain

 

いちばん気になっている前髪を、ヘアアイロンで伸ばす術にトライしました。セラミックのパネルで毛束を挟んでいます。

 

f:id:otona12:20170730000918j:plain

 

80℃設定では、何度も繰り返しつつ髪をサンドイッチしないと無理だったので、あきらめて温度を100℃にアップ。パネルの重みが変わり、髪が伸びるのが分かります。これまで200℃で当てていたのが、湯気が出ることなく一挙にストレートになりました。

 

f:id:otona12:20170730001130j:plain

 

ただし個人的な難を言えば、しつこいようですが頭頂の薄さが気になります。膨らませなきゃね。で、クルクルした円筒部分に髪を巻き付け、そのまま数秒停止。

 

f:id:otona12:20170730001832j:plain

 

さあさあ、最終仕上げに入りますよ。

ストレートだけでなく、クルクルを追加したらこんな仕上がりになりました。頭頂部だけ巻き付けたのに、頭のてっぺんもサイドも、ふんわりと丸くなっています。

 

f:id:otona12:20170730002222j:plain

 

一気に髪のボリュームがアップした「ヒートケア低温ヘアアイロン」のおかげで、ヘアスタイル年齢が10歳以上も若くなりました。

 

もしかしたら、200℃の熱を加える他のヘアアロンでも可能かもしれませんが、沸騰点よりも低い温度で髪を守るほうが安心しますよね。

 このアイロンの設定温度は40度~200度。私は80度では物足りないので、100度で施術しました。それでも今まで使ってきたヘアアイロンの1/2の温度です。

 

f:id:otona12:20170730003448j:plain

 

f:id:otona12:20170730003509j:plain

 

科学は進歩して美容家電もコスメも、私が思っていた科学の常識を超えました。今は説明するだけで精いっぱいですが、貪欲なトライだけは欠かさないよう、このブログで実演を続けていくつもりです。

 

公式サイトはこちら

ヒートケア低温ヘアアイロン