Look 10 Years Younger

更年期からのコスメは引き算。お肌とお財布にやさしいオーガニック&ノンケミカル美容レビュー


朝のメイクが崩れずに夜までシワ・毛穴をカバー~神ファンデの「薬用クリアエステヴェール」で透明感キープ


f:id:otona12:20170911100213j:plain

 

コスメレビューを書いて良かったと思うのは、企業から時どきサンプルを戴けること。自信のある商品だからこそ、気前よく振舞ってくださるのだと思います。・・なんて言いながら、戴いたのに放置していたサンプルがありました。

美容液ファンデーションで医薬部外品。マキアレイベルの「薬用クリアエステヴェール」です。

 

 

これまでクリームファンデを使わなかった理由

 

f:id:otona12:20170911101135j:plain

 

 私がなぜこのファンデを試さなかったかと言うと、クリームファンデだからです。リキッドやクリームタイプってペンキみたいに手や衣服につくし、厚塗りになって皮膚呼吸できない気がするので、ずっと敬遠していたんです。

 

f:id:otona12:20170912234638j:plain

 

なので使ってきたのは、粉白粉やパウダータイプのミネラルファンデだけ。カバー力には欠けても、厚塗りになるよりはマシと思っていました。

ところが先日、アメリカのSというファンデ(ケーキタイプ)を試して、ビックリしました。少しの量を薄くつけただけなのに、カバー力があってシワも隠れるんですよ。

 

もしかして、私が敬遠していた間に、ファンデは格段の進歩を遂げたのかもしれない。そこで思い出したのが「薬用クリアエステヴェール」のサンプルです。

メイドインジャパンで、美容液ファンデーション市場13年連続売上No.1売上累計本数が833万本を突破って、それほど沢山の人たちが魅力を感じているファンデってことですよね。

 

まずはどんなものだか、塗ってみることにしました。成分のチェックは後回しです。

 

人気商品のカラー「ナチュラル」を塗ってみました

 

f:id:otona12:20170912235331p:plain

 

5包入っているサンプルのカラーは5色。頬と首との境目の肌色が、自分のベースカラーなんだそうですが、この5色のうちどれが近いのか、よく分かりません。人気色のナチュラルでいってみることにしました。

 

で、どうやってつける? サンプルの脇に書いてある使用方法をチェックしました。

「基礎ケアでお肌を整えた後に使用します。適量(あずき粒大)を手の平にとり、指先で顔の中心から外側へ伸ばします。特にカバーしたい部分は、指先に少量取り、軽くたたき込むようにして重ねづけしてください。」

 

f:id:otona12:20170912235921j:plain

 

ふむふむ、あずき粒大って、これぐらいでしょうか。袋にはSPF35 PA+++と書かれていますが、こんな量でも紫外線対策はバッチリなんですね。

 

一気に塗ると失敗しそうなので、両頬、おでこ、鼻、あごの5カ所に置いてみました。私が気になっているのは「黄ぐすみ」。昔はピンクの肌だったのが、歳を取ったせいかだんだん黄色っぽくなってきたんです。これがファンデで改善できるでしょうか。

 

f:id:otona12:20170913000652j:plain

 

指でのばしていくと、広がる広がる。顔にヴェールをかぶせたみたいです。特にカバーしたい部分も、全部塗っちゃった気がするので、これで良しとします。

 

f:id:otona12:20170913000908j:plain

 

あとは普通にメイク。手持ちのルースタイプの粉白粉をはたき、アイブロウ、アイライン、マスカラ、リップの3分間メイクです。

 

f:id:otona12:20170913001308j:plain

 

顔を触るとサラリというよりは、もちっとしています。これはファンデに美容液が入っているからでしょうか。ベタベタじゃなくて「しっとり」って感じ。

 

もう一つ感じたのは、「黄ぐすみ」が消えたこと。かといって不自然なピンクじゃなく、ほんとにナチュラルなお色ですね。

 

着替えたら、夕方まで仕事で出かけるので、あとは帰宅してからどれくらいメイクが崩れたかをチェックしたいと思います。

 

カバー力があるのに透明な若見え肌へと進化した3ポイント

 

電車に乗っているあいだ、せっかくなので「薬用クリアエステヴェール」のどこが優れているのかを、スマホで調べました。

私が想像していた以上に進化した神ファンデだったのですね。3つの進化ポイントがあります。

 

1.薄付きで自然なのに、微粒子パウダーがシミ・シワ・毛穴もカバー

 

f:id:otona12:20170913003445p:plain


エイジングカバーパウダーと、ソフトフォーカス(ぼかし)効果のあるAL40パウダー。これらの微粒子パウダーがシワや毛穴に入り、肌表面をなめらかに整え、光反射で自然にカバーするんだそうです。

 

f:id:otona12:20170913004033p:plain

ムラにならないので、隠したい部分だけ重ねづけ。しっかりカバーしながらも、自然で透明感とツヤのある若見え肌へ導いてくれます。

 

2.美容液成分を68種も配合。美容液に色を付ける発想で生まれたファンデ

 

f:id:otona12:20170913004410p:plain

 

配合している5種のコラーゲン、3種のヒアルロン酸が肌に密着。時間が経っても目元のシワやほうれい線がよれにくいのです。

68種類もの美容液成分が肌の角層まで届き、うるおいをキープしてくれるだけでなく、過剰な皮脂を出にくくします。

 

美容液ファンデーションだから・・

  • メイクしながら1日中スキンケア
  • 1日中若見え肌をキープ
  • メイクを落とした後もしっとり

美白有効成分のプラセンタエキスが配合されているので、紫外線ダメージケアにも役立つんだそうです。

 

3.紫外線・近赤外線・ブルーライト・大気汚染物質~日中の肌ダメージから徹底ガード

 

f:id:otona12:20170913011352j:plain

 

オゾン層の減少で年々増加している紫外線は、夏だけでなく一年じゅうお肌の大敵。「薬用クリアエステヴェール」は、SPF35、PA+++の紫外線対策のみならず、肌老化の原因である近赤外線、スマホ・パソコン焼けをおこすブルーライト、肌のバリア機能を低下させる大気汚染物質からもガードしてくれます。

 

朝から夕方まで化粧直しせずにいたファンデの状態

 

さて、秋に入ったというのに今日は湿度が高くて、汗をかく一日でした。朝9時に家を出てから、これが午後3時に駅のホームで撮った顔。横向きですが、メイクは崩れていないのが分かりますよね。首と顔との色も同じで、朝よりもしっとり潤っています。

 

f:id:otona12:20170913012848j:plain

 

17時に帰宅。顔にちょっと夕日が当たってますが、ベランダで撮りました。私は出かけるとき、コスメは口紅しか持って行かないので、お化粧直しは一回もしていません。ここまで崩れないとは、正直ビックリしました。むしろ朝よりもツヤが出ています。

 

f:id:otona12:20170913013212j:plain

 

そしてこの記事を書いている今は、メイクを落としてスッピン状態。肌をこするクレンジング剤は使わないことにしているので、石けんだけで洗顔しました。乾燥するどころか、潤いがずっとキープされています。

 

仕上げ用パウダーがついてくる今月の値引きキャンペーン中

 

私はたった1回のサンプルチャレンジでしたが、クリームファンデがここまで進化したことに驚きました。

できたら「薬用クリアエステヴェール」の上につけるお粉も試したいと思っていたところ、なんと仕上げ用パウダーがついたセットで、今月の値引きキャンペーンが開催中なんですね。

 

色選びに失敗しないよう5色のサンプルが付いてくるし、色が合わなかったら無料交換。どれも満足できなかったら全額返金保証。さらには送料が無料だそうです。

 

ちなみに美容液ファンデーションの通常価格が 2,263円(税込)

仕上げ用パウダーの通常価格が 3,922円(税込)

これに携帯用の保湿ジェルクリームが10包、クリアエステムースベースのサンプル3包がついて、インターネットで申し込めば合計 3,990円(税込)だそうです。

 

少量でのびるのでコスパがいいし、空気が乾燥するシーズンのシワ対策になるし、パーティーが増える秋冬用として買っておいてもいいかなと思っています。

 

f:id:otona12:20170913020440j:plain

公式サイトはこちら

楽天、Amazonよりも安くお試しできる神ファンデ