Look 10 Years Younger

更年期からのコスメは引き算。お肌とお財布にやさしいオーガニック&ノンケミカル美容レビュー

格安コンタクトレンズが有名ブランドより潤っていた~クレオワンデーUVモイストの着け心地が勝ちました


f:id:otona12:20170926001858j:plain

 

コンタクトレンズって何歳まで使えるんでしょうね。私は近視用の使い捨てコンタクトレンズを20年ぐらい使ってきたのですが、ちょっと近ごろ困り気味。このところ急に老眼が進み、度数選びが難しくなってきたからです。

 

車の運転は眼鏡をかけることにして、眼科ではコンタクトレンズ用に、近くも遠くも見える手ごろな度数の処方箋を書いてもらっています。ところが日によって見え方にバラつきがあるような・・。パソコン仕事で目を酷使し過ぎているせいか、ピント調節がうまくいきません。おまけにドライアイがひどくて、長時間コンタクトレンズをしているのがキビしくなってきました。

 

 

20年間使い続けてきたワンデーアキュビュー

 

f:id:otona12:20170926003342j:plain

 

20年前に眼科で勧められて以来、他のメーカーに浮気せず使ってきたのはJohnson & Johnsonのワンデーアキュビュー。最初はノーマルな「ワンデーアキュビュー」から初めて、黒目を大きく見せる「ワンデーアキュビュー ディファイン」へ移行しました。

 

ドライアイに悩むようになってからは、潤い成分の入った「ワンデーアキュビュー モイスト」に変え、今は酸素透過率の高い「ワンデーアキュビュー トゥルーアイ」を使っています。

 

今年の1月からは「乾燥感」「ぼやけ」「まばたきの際の摩擦」を軽減する「ワンデーアキュビュー オアシス」が新発売になったので、上位ランクへシフトすべきかを考えているところです。

 

 コンタクトレンズの装着時間を短くした理由

 

とは言えそれ以前に、コンタクトレンズはもう無理なんじゃ?と思うことも。こんな理由からです。

  1. 老眼が進んでスマホが見づらくなった
  2. 指に乗せたレンズを目に移すとき、ポロッと落ちてしまう
  3. レンズを外すとき、どこに行ったかわからない

特に困っているのが3.で、眼球にピッタリと張り付いたレンズがなかなか外せないのです。指で探っているうちに横にずれて、あせって洗眼したり目薬をさしたり、これもドライアイから起きている現象んでしょうか。

 

なら眼鏡をかければ?と言われそうですが、これまた不思議なことに、私は眼鏡をかけて階段を降りると、段を踏み外して転ぶことが多々あるのです。

 

やはりお出かけのときはコンタクトレンズが合っているようで、でも外すときに取れないのは困ったもので、折衷案としては装着する時間を短くすることにしました。初めて行く場所ではよく見えなくちゃ困りますが、通い慣れた駅などの生活圏では、裸眼でいるほうが楽だったりするのです。

 

コンタクトレンズは安いものに変えても平気?

 

長時間使わないのであれば、ハイグレードなコンタクトレンズは必要ないのかも。ワンデーアキュビューだけを使い続けてきた間に、ふと気が付けば一日使い捨てコンタクトレンズは、もっと安いものが他のメーカーからいろいろ出ているんですね。

 

ネット検索して、激安コンタクト販売の「アットスタイル」で見つけたのが、「クレオワンデーUVモイスト」という普段使い用のコンタクトレンズです。

 

f:id:otona12:20170926013543j:plain

 

アットスタイルで、2箱セットを買った場合の税込み価格を比較しました。「オアシス」「トゥルーアイ」と「クレオワンデー」とではずいぶん大きな開きがあるんですね。

 

ワンデーアキュビュー オアシス

2箱 7,094円(1箱あたり 3,457円

 

ワンデーアキュビュー トゥルーアイ

2箱 4,792円(1箱あたり 2,396円

 

クレオワンデーUVモイスト

2箱 2,960円(1箱あたり 1,480円

 

 

クレオワンデーとワンデイアキュビューの比較

 

f:id:otona12:20170926015409j:plain

 

格安コンタクトレンズは「安かろう、悪かろう」なのか。スマホをキャリアから格安スマホに乗り換えるみたいな感覚で、クレオワンデーUVモイストを試してみました。

 

f:id:otona12:20170926015435j:plain

 

レンズを容器から取り出し、指に乗せて気付いたのは、アキュビューみたいにヘナヘナじゃないこと。弾力もあります。ポロッと落ちずに一発で目に乗って、違和感は感じませんレンズ保存液に保湿成分が入っているし、レンズのエッジにはフィットしやすい工夫があるようです。

 

f:id:otona12:20170926021622j:plain

 

お昼に逗子から渋谷へ行き、2時間セミナーを受講。一番後ろの席だったのに、よく見えたのに驚きました。「ぼやけ」がなく、はっきりした視界になるよう「非球面レンズ」というのを採用しているそうです。

 

f:id:otona12:20170926020643j:plain

 

帰りの電車ではスマホを見ながら、19時ごろ家に戻ってきましたが、エアコンの効いた部屋や電車内でも乾燥することはありませんでした。

クレオワンデーUVモイストの含水率は58%。ワンデイアキュビューオアシスの含水率は38%ですから、20%も水分が多いんですね。

 

f:id:otona12:20170926021829j:plain

 

そして、簡単に目から外せるかどうか。ビックリしたことに、これも一発で外せたのです。アキュビューの場合は毎回といっていいほど、取れなくて困っていたので、これは嬉しかったですね。

もしかしてレンズの厚さが違うのかなと調べたら、大差ありませんでした。中心厚はクレオワンデーUVモイストが0.008mm。ワンデイアキュビューオアシスが0.085mmで、微小な差です。

 

目に合わなければ開封後でも全額返金

 

クレオワンデーUVモイストは、1か月分(30枚入り)の2箱セットが2,960円(税込み)、送料無料。1箱が千円台で買えるなんて、これまでになかった価格です。

しかも目に合わない場合は、開封後も全額返金可だそうですから、初めて買う人にとっては安心のシステムですね。

 

お客様の声を見てみると、「装着しやすい」という感想が多いのには私も共感。これまで300万人に販売してきた経験と実績から、「装着しやすく、買いやすく、普段使いにちょうどいい」というコンセプトで生まれた商品だそうです。

 

ファッションの世界では品質の良いプチプラが流行するように、コンタクトレンズもメーカーがしのぎを削る時代になったんだなと実感しました。

 

f:id:otona12:20170926023619j:plain

クレオワンデーUVモイストの販売サイトはこちら

クレオワンデーUVモイスト(コンタクト通販のアットスタイル)