Look 10 Years Younger

更年期からのコスメは引き算。お肌とお財布にやさしいオーガニック&ノンケミカル美容レビュー

オリーブオイルと果汁が肌を引き締めてモチモチに~敏感肌用の「オリーブキュア」5日間セットを試しました


f:id:otona12:20170925235504j:plain

 

素肌につける基礎化粧品は、皮膚トラブルを起こさないオーガニック&ノンケミカルを選びたい。頑固な姿勢は崩さずにコスメレビューを書いていると、願ったり叶ったりの商品を心優しい広告主さんから戴けることがあります。

 実際に使用してみて、肌の調子が良くなったのを実感すると、さっそくこのブログでご紹介するわけですが、今回もまた、安心安全のピュアな商品と巡り合いました。

 

 

敏感肌用に作られたオリーブ専門会社の基礎化粧品

 

昨日の記事に載せたオリーブマノン「化粧用オリーブオイル」を販売している会社が、オリーブをベースとして、敏感肌用にシンプルな処方で作った基礎化粧品シリーズ「オリーブキュア センシティブスキン」です。

クレンジング・ウォッシング・ローション・ミルクの4本が入ったトライアルセットを、5日間使用してみました。

 

f:id:otona12:20170926001727j:plain

 

 同梱されたパンフレットの「5つのお約束」には、温暖な瀬戸内海を見下ろしながら、緑の枝を広げたオリーブの樹々が載っています。

 

70年以上、岡山の牛窓オリーブ園を管理・運営し、オリーブ栽培に携わってきた「日本オリーブ株式会社」では、これまで資源として有効活用されていなかったオリーブの果汁や葉、花にも着目し、産学官との共同研究を進めながら、新素材の開発に取り組んでいるのだそうです。

 

f:id:otona12:20170926183053j:plain

 

f:id:otona12:20170926102919j:plain

 

創業から純粋無添加化粧品を販売し、1955年には業界初の無香料シリーズを発売したというのは、オーガニック&ノンケミカルのパイオニア的な存在なのですね。「メークによる美しさだけでなく、自然な美しさを求めて」には、大いに共感するところがあります。

 

今回戴いた、香料・着色料・石油由来界面活性剤・紫外線吸収剤・鉱物油不使用の「オリーブキュア センシティブスキン トライアルセット」は、50年、60年と日本オリーブの製品を愛してきた方々の声が反映されたものなんだと想像して、使用する前から安心感を手にした気分でした。

 

角質層に浸透して肌を保護するオリーブオイル

 

f:id:otona12:20170926192206j:plain

 

オリーブオイルがなぜ肌に良いかは、昨日の記事にまとめました。天然オイルが角質層へ浸透し、肌を保護するフタのような性質を持っていて、外部刺激をはねつけ、肌内部の水分を蒸発させないフタのような役割をするのだそうです。

 

www.younger10.net

 

日本オリーブでは牛窓の自社オリーブ園で作ったエキストラバージンオリーブオイルと、スペインで1970年創業の老舗「パジェステル社」のオリーブオイルを使っています。スペインと日本とで2度の厳しい品質検査を行って、これに通過したオリーブオイルだけを使用しているのだそうです。

 

肌に使うオリーブオイルですから、使用感、品質、肌への効果といった独自の検査項目を10項目も設けているのは、他に類のない処方だと思います。

 

f:id:otona12:20170926183356j:plain

 

もちろんオリーブオイルだけでなく、肌を潤す美容成分も配合されています。

人間の皮膚に天然保湿成分として存在するPCA-Na

肌を乾燥から守り、みずみずしく保つトレハロース

1gで約6Lの水分を保持するといわれるヒアルロン酸ナトリウム

保湿・ひきしめをサポートするマルメロエキス

肌荒れをケアする甘草由来成分

皮膚の保護作用が高いオリーブスクワラン

 

f:id:otona12:20170926184156j:plain

 

 ラインナップを5日間使用しました

 

全ての容器に「センシティブ」と書かれた「オリーブキュア センシティブスキン」。敏感肌・年齢肌でなかなか自分に合う化粧品が見つからない人のために作られた、クレンジング・洗顔・化粧水・乳液の4ステップを試してみました。

 

1.センシティブスキンクレンジング(メイク落とし)

 

f:id:otona12:20170926185229j:plain

 

手のひらに取ると無色透明なオイル。サラリとしています。こすらないようクルクルとメイクを浮かせたあと、ぬるま湯できれいに落ちました。脂分を取りすぎず、でもベタベタしないところがいいですね。

アロマの香りがすると思ったら、ラベンダー油とオレンジ油が入っていました。クレンジングは「化粧用オリーブオイル」だけでも良い気がしますが、より癒し効果をプラスしたのでしょう。

 

2.センシティブスキンウォッシング(洗顔料)

 

f:id:otona12:20170926185936j:plain

 

スポンジに1~2ml。しっかり泡立ててから、泡で顔を包みこむようにして洗います。合成界面活性剤は入っていないので安心です。

 

f:id:otona12:20170926190048j:plain

 

3.センシティブスキンローション(化粧水)

 

f:id:otona12:20170926190611j:plain

 

洗顔後に2~4ml、手のひらに取って顔全体になじませ、ハンドプッシュします。うるおい成分としてオリーブ果汁が入ってるのって珍しい。これには理由があります。

 

搾油後の果汁を片付けていた日本オリーブの社員さんが、手がみずみずしくうるおい、キュッと引き締まった感じがするのに気付いて、もしかしたら果汁には引き締めがあるのではないかと、研究開発を始めたのだそうです。

 

研究の結果、オリーブ果汁はポリフェノールやアミノ酸を含有しており、適度に肌を引き締めながら、肌の乾燥や肌荒れを防ぐことが分かったのだとか。これが1973年の話だそうですから、いかにオリーブを知り尽くしているかの想像がつきます。

 

f:id:otona12:20170926192656j:plain

 

このレトロな容器。「オリーブ果汁水」という、オリーブオイルと水分の2層式になった化粧水も売られているそうです。22年のロングセラーで、年間販売数20万本を超える人気商品だとは、ぜひ試してみたいものです。

 

4.センシティブスキンミルク(保湿乳液)

 

f:id:otona12:20170926192531j:plain

 

最後の仕上げ。化粧水のあと0.5~1mlを手のひらに取って、顔全体になじませます。アロマはノバラとローズマリーの香り。化粧水の水分を肌の奥に閉じ込めて、美容成分のフタができたような感じです。

 

これが5日間、「オリーブキュア センシティブスキン」を使用した結果です。美容液など他のコスメは使っていませんが、素肌に透明感が出たように思います。

 

f:id:otona12:20170926193305j:plain

 

トライアルセットは初回限定1,080円で送料無料

 

f:id:otona12:20170926194848j:plain

 

今回使用した「オリーブキュア センシティブスキン 5日間トライアルセット」は、通常価格 2,180円が、初回限定で 1,080円(税込)。送料無料です。会員登録をすると次回使える500ポイントが付くそうですよ。

 

ネーミングと容器は現代風だけど、オリーブにかけては70年以上のノウハウが詰まったコスメだと思うと、信頼度が高まります。

「80歳ですが、若いねと友人に言われます」とか「50年来愛用。これからも使い続けます」など、お客様の声からは白いモチモチ肌の女性の顔が見えてくるようです。

 

f:id:otona12:20170926194829j:plain

公式サイトはこちら

【オリーブキュア センシティブスキン トライアルセット】