Look 10 Years Younger

更年期からのコスメは引き算。お肌とお財布にやさしいオーガニック&ノンケミカル美容レビュー

3分間最大1万回の振動で筋肉の凝りをケア~コードレスの医療認証機器「ドクターエア3Dマッサージロール」


f:id:otona12:20171006191206j:plain

 

プログラミング、原稿書き、ブログ書きと、私は起きている時間のほとんどを、パソコンと共に過ごしています。おかげで肩こり&腰痛とは長年にわたるお付き合い。たまにマッサージに行くと「凝りすぎで指が入りませんよ」と言われ、お得な(?)回数券を勧められます。

 

ええ~い、自力で治してやるぅ~! 仕事の合間にストレッチをしたり、ネットを通じてヨガをやったりしているのですが、いかんせん即効性がないんですよね。

 

 

有吉ゼミで紹介されて人気沸騰のマッサージ機器

 

手っ取り早く凝りを解消する方法を探していたら、犬も歩けば棒に当たる。幸運が向こうからやってきました。健康機器を開発している会社から「うちの商品を試してください」と、振動式マッサージ機器をプレゼントされたのです。

 

これです。ドクターエアの「3Dマッサージロール」。パッケージには強力振動と書かれており、肩こり&腰痛の解消には打ってつけのマシーンみたいです。

 

f:id:otona12:20171006192859j:plain

 

 私がもらったカラーはブラックですが、5色のバリエーションがあります。お部屋に転がしておいて、インテリアに馴染むカラーを選ぶといいですね。価格は9,800円です。

 

f:id:otona12:20171006221504j:plain

 

この3Dマッサージロール、有吉ゼミの「家電を買う。」コーナーにフィギュアスケーターの本田武史さんが出演したとき、愛用している製品として、石原良純さんと梅沢富美男さんに勧めたのだそうです。

軽量サイズ(675g)なので遠征先に持って行けるし、スポーツ選手が筋肉をほぐすのには、ぴったりな機器なのかもしれませんね。

 

フットサル日本代表の森岡薫選手は、グリーンの3Dマッサージロールをお使いのようです。

 

練習後のケア‼︎大事‼︎ #alpron #doctorair #3dマッサージロール #puma #evospeed #thinkingfast

Kaoru Moriokaさん(@kaoru.99)がシェアした投稿 -

 

電源を入れたら想像以上の振動でした

 

さっそく使ってみようと箱から出したら、まずやるべきことは充電でした。本体にACアダプタを接続して、家庭用コンセントで約3時間(初めてのとき)充電します。

 

f:id:otona12:20171006230133j:plain

 

 充電が完了。試しに電源を入れようとスイッチを探すと、こんなところにありました。

 

f:id:otona12:20171006231034j:plain

 

真ん中のファンクションボタンを押すとランプが点灯。ウィーンという音がして、いきなり振動が始まります。この振動レベルは「中」でしょうか、手がブルブル震えている様子が分かります? 3分間で最大10,000回も振動するのです。

 

f:id:otona12:20171006231216j:plain

 

ずっと手に持っているのはキビシイぞ!  ソファーやベッドなど、場所を決めてからスイッチを入れたほうがいいですね。

 

マッサージしたい部分に当てるだけ

 

どうやって使うのか、充電しているあいだに説明書を読みました。

「本体を使用したい部分に当て、マッサージをします」って、拍子抜けするぐらい簡単ですね。形はロール状になっていますが、コロコロと転がす必要はなく、ただ当てているだけでいいんだそうです。

よくある「揉み玉」との違いは、瞬時に筋肉を解すこと。医療機器認証を取得しているので安心して使えますし、ウトウト寝てしまっても15分でタイマーが切れます

 

f:id:otona12:20171006232017j:plain

 

背中や腰に使用したいときは、アシストカバーに入れると両手で持てます。電源マークの方向を合わせて、セットするとこんな感じです。

 

f:id:otona12:20171006232246j:plain

 

 

凝っている場所に当てて試しました

 

せっかくアシストカバーに入れたので、まずは肩に当ててみました。初めての体験なので、緊張して歯を食いしばっているとガチガチ言います(笑)

リラックスして使わないといけませんね。

 

f:id:otona12:20171007002438j:plain

 

腰に移動させました。これは座ってやったほうが効きそうです。

 

f:id:otona12:20171006235148j:plain

 

ドクターエアのスタッフに聞いたところでは、腰痛持ちの人はお尻と太ももの裏が固いのだとか。無理な体制をとっているので、凝りが溜まるんだそうです。てなわけで、椅子に座って太ももの裏側をマッサージしてみます。

 

f:id:otona12:20171006235537j:plain

 

これはなかなか気持ちいいですねぇ。ただし椅子のクッションが薄いので、ゴトゴト、ウィーンという振動音が大きくなりました。ニャンコが怪しんで見ています。

 

ふくらはぎや足の裏のマッサージに使うとき、マンション住まいの人は、床の上に本体を直接置かず、マットを間に入れたほうが下に響かないでしょう。

ちなみに足の裏はじーっと乗せておくだけで、偏平足の解消にもなるそうですよ。青竹踏みよりも痛くないし、楽チンですね。

 

f:id:otona12:20171007001219j:plain

 

私はこのあと、本体を持ってベッドに移動。寝そべって、お尻の下や太ももの裏をブルブルさせました腰がだんだん解れてきて、これはとっても気持ちいい!!!

クッションなどを併用しながら、当て方を学習していきたいと思います。振動レベルも徐々にアップしていけそう。

 

f:id:otona12:20171007000421j:plain

 

プロアスリートが愛用するストレッチロール

 

3Dマッサージロールは直径85mm×高さ310mmですが、もっとサイズとパワーを大きくして、スポーツ目的に進化させたのが「ストレッチロール」。ドイツのヘルスケアツールメーカー”MEDISANA”と共同開発した振動技術で、筋肉を負荷なく刺激するというエクササイズマシーンです。

「ヒルナンデス!」で紹介されて、爆発的な売れ行きだそうですよ。

 

f:id:otona12:20171007003131j:plain

 

自主トレを行うプロアスリートにとっては、エクササイズやストレッチ、トレーニングなど、好きなように使える万能アイテムなので、愛用している人が多いのだそうです。

 

ビーチバレーの畑辺純希選手も遠征に持ち歩いています。

 

特に好まれているのは、筋膜リリースに最適なこと。筋膜は全身で繋がっているので緩む(リリースする)までには時間がかかりますが、ストレッチロールは当てているだけなので、リリースの時間が短縮できるメリットがあります。

 

f:id:otona12:20171007003118j:plain

 

ちょっと近ごろ運動不足じゃない?という大切な人にも勧めたい商品。プレゼントにする場合は「0円」でギフトラッピングをしてくれるので、クリスマスシーズンに向けて候補に入れておきたいですね。

 

これから新製品の情報も出てくる公式オンラインショップのリンクを張っておきます。

ドクターエアの製品は、公式サイトからオンラインで会員登録をすると、通常1年間のメーカー保証が3年間に延長されるそうですよ。

ドクターエア公式オンラインショップ