Look 10 Years Younger

更年期からのコスメは引き算。10歳若返るお肌とお財布にやさしいオーガニック&ノンケミカル美容レビュー


若返りのキホンは腸活と菌活~「おそうじ酵母」の1粒は100億個の生きた善玉菌&ヨーグルト7個分



f:id:otona12:20171101145057j:plain

 

発酵食品は健康と美肌にもいいと聞いて、思い当たることがあります。朝晩ぬか床をかき回していた祖母の手が、80歳を超えても白くてツヤツヤだったこと。毎日キムチを食べている友人のお肌が、特にお手入れはしていないのにシミひとつなくキメ細かいこと。

 

私はぜいぜい朝食時にビフィズスヨーグルトを食べる程度ですが、もっと発酵食品を摂り入れなくちゃと、「菌活」という言葉が頭の片隅に引っかかっています。でも一人暮らしなので、冷蔵庫に食材を余らせるのはイヤなんですよね。

 

 

生きたままの酵母・麹菌・乳酸菌が腸に届くサプリメント

 

f:id:otona12:20171101151957j:plain

 

発酵食品には人間にとって有益な酵母、麹菌、乳酸菌などの「善玉菌」が多くまれています。でも味噌汁や納豆、ぬか漬けといった和食から離れ、欧米型の食生活をしていると、善玉菌が減って身体にいろいろな不調が起きてくるんです。

 

農水省・厚労省の調査によると、味噌汁やしょうゆといった発酵食品の供給量に反比例して、国民の生活習慣の悩みが増加しているんだとか。善玉菌の減少がストレスの原因になっているんでしょうか。

 

f:id:otona12:20171101153048j:plain

発酵食品と生活習慣の悩みとの関係

とは言え食生活を一気に変えるのはこれまたストレスに・・。ぬか床をかき回す余裕のない現代人が、てっとり早く善玉菌を増やす方法としておススメなのが、菌活&腸活サプリメントの「おそうじ酵母 」です。

 

1粒に100億個の善玉菌が毎日のおそうじ

 

f:id:otona12:20171101153924j:plain

食前に1~3粒

パッケージから出してみました。水またはぬるま湯で、食前に1~3粒を飲むのだそうです。なんとこの1粒に100億個の善玉菌が生きているんですって! ビックリ。

 

「おそうじ酵母」が得意とする「3つのおそうじ力」について、詳しく見てみましょう。WEBサイトだけでは分かりづらい部分を、私なりに補足したいと思います。

 まずは裏面に印刷された原材料名をご覧ください。麹、酵母、乳酸菌、ビフィズス菌を配合するために、これだけ沢山の自然材料を使っているんですね。

 

f:id:otona12:20171101164642j:plain

おそうじ酵母の原材料名

3つのおそうじ力とは?

 

1.生きてる酵母

 そもそも酵母とは自然界のいたるところに生息している菌類のこと。349種類にも分類されるんだそうです。ブリタニカ国際大百科事典から引用します。

酵母

真菌類に属する単細胞の生きている菌の塊で、パンの製造やビール、ぶどう酒醸造などに用いられる。この細胞は楕円形で出芽によって増殖する。蛋白質を多く含み、ビタミン、酵素類に富んでいるので、栄養価はきわめて高い

 

酵母に含まれるリボ核酸(RNA)が注目すべき成分。

核酸には、遺伝子である「DNA(デオキシリボ核酸)」と人体のタンパク質を構成する「RNA(リボ核酸)」の2種類があって、どちらも人間が生命活動を維持する上での重要な栄養素です。

私たちには体内で核酸を作り出す機能が備わっているのですが、加齢などにより効率が低下するので、サプリメントで補ってあげたいもの。身体が常に若々しくいられるように、RNAを豊富に含む酵母を外から補給するのは、理にかなっていることなんですね。

 

2.生きて届く乳酸菌+ビフィズス菌

 よく分からないんですが、乳酸と乳酸菌ってどう違うんでしょうね。

 

f:id:otona12:20171101200831j:plain

乳酸菌とは?


調べてみたら乳酸は体内にできる疲労物質で、身体に溜まると筋肉痛などの原因になると聞いたことがあります。

一方で、体外から摂り込まれた乳酸菌は善玉菌の代表選手。免疫力を高めるサポートをしたり、生活習慣病や老化を予防したり・・で、乳酸とは全く別物だったんですね。

 

 「おそうじ酵母」の乳酸菌は、生きたまま腸に届く「有胞子性乳酸菌」と、それをサポートする「ビフィズス菌」が含まれていて、体内の細菌環境を善玉菌優勢にしてくれるんだそうです。

 

しかも乳酸菌と酵母はお互いが助け合って、善玉菌が体内を好循環するのだとか。1粒で何倍の力にもなる「菌活」チームですね。

 

f:id:otona12:20171101173137j:plain

酵母と乳酸菌のサポート体制


3.生きてる麹菌

 酵素の宝庫と言われているのが「麹菌という微生物。米・麦・大豆などの穀物に麹菌を繁殖させたものが「麹(こうじ)」です。日本を代表する国花が「桜」であるように、麹菌が「国菌」に認定されています

 

なぜ「国菌」になったかというと、紀元前から存在していた「麹菌」は、日本の風土でしか生育できない特殊な菌だから。味噌、醤油、酒、焼酎、酢、みりんといった発酵食品は、わが国の食生活を支えてきたスーパーフードで、日本人が長寿である理由も「麹」にあると言われています。

 

f:id:otona12:20171101223642j:plain

日本のスーパーフード「麹」


現在分かっているところでは、「麹菌」には3,300以上もの酵素が含まれているんだとか。それを生きたまま摂取することで、美しい身体が作られていくのです。なにせ体内酵素は30代から激減していくそうですから、外から補給しなくちゃいけませんよね。

 

多穀麹を使っている「おそうじ酵母」の優秀なところは、

   無菌製法により「酵素」をそのまま活かすことに成功したこと!

   1年間保存しても、酵素はほぼそのまま生きていること!

 3,300以上もの酵素が腸の中で活動しているなんて、それも「おそうじ酵母 」を飲むだけでOKだなんて、凄すぎると思いませんか。

 

1日1粒だけでヨーグルト7個分の菌活

 

f:id:otona12:20171101224601j:plain

今申し込めば1か月分が670円

私は毎朝ビフィズスヨーグルトを食べているんですが、「おそうじ酵母」に置き換えほうがずっと効率的だと分かりました。なんと1粒がヨーグルト7個分なんだそうです。

トクホのヨーグルトが1個150円だとして、換算すると「おそうじ酵母」1粒は1,050円分ってことですよ!

 

「おそうじ酵母」の通常価格は 30粒入りが3,500円。でも今だったら80%OFF、初回限定価格 670円(税抜)で手に入ります。定期便の「特感90日腸活コース」は、2回目以降もずっと20%OFFで送料無料だそうです。

 

疲れやストレスが溜まって「どよ~ん」としている午前中を、1粒で「スッキリ」に切り替えらるなんて、美容サプリや栄養ドリンクも要りませんね。3つのおそうじ力で善玉菌をいっぱい増やして、朝からシャキーンと活動できるようになったら、1日が倍の長さになるんじゃないでしょうか。

 

f:id:otona12:20171101230027j:plain

 公式通販サイトはこちら

ドクターベジフルの【おそうじ酵母】
1粒に100億個の善玉菌で、翌朝のどっさりと美容をサポート