Look 10 Years Younger

40歳からのコスメは引き算。簡単に10歳若見えするスキンケア&メイクと美肌サプリ


スポンサーリンク


30~70代がネット購入するオールインワン ヒト型セラミドが角層まで届くトリニティーラインは製薬会社の本物志向



f:id:otona12:20180117170455j:plain

 

化粧品マーケティング情報によると、数あるスキンケアアイテムのなかで、いちばん伸びている商品はオールインワンコスメだそうです。販売してるのは化粧品会社だけでなく、薬品会社、健康食品会社など異業種の参入が増えているのも特徴だとか。

現在どれくらい商品数があるのか、@コスメでオールインワン化粧品の商品一覧をクリックしたら、なんと2,210件もヒットしました。今日はそのうちのひとつ、製薬会社が製造しているエイジングケア化粧品「トリニティーライン ジェルクリーム プレミアム」をレビューします。

 

 

オールインワン化粧品に関する20~60代のアンケート結果

オールインワンの先駆と言えば、ドクターシーラボの「アクアコラーゲンゲル」ですが、発売当時に使った記憶があります。「可もなく不可もなし」がその時の印象。他にもオールインワンは昨年このブログを始めてからも何種類かレビューしましたが、1個で全てのケアをまかなうわけですから、多くを期待できないと思ったのが正直な感想です。

 

日本全国30歳〜59歳の女性1万人を対象にしたオールインワン化粧品に関するアンケートでは、オールインワンの印象の第1位が「スキンケアが1度で済むので忙しい時でもケアが可能」、第2位が「化粧水・乳液・美容液などの単品商品よりも効果が落ちる」という回答だったそうです。

 

オールインワン化粧品の印象

f:id:otona12:20180117182304j:plain

出典:株式会社AILE オールインワン化粧品に関するアンケート 2017年1月

次の質問「現在あなたのお肌に対してのお悩みは?」への回答の第1位は「たるみ」(23%)、次に「目元・口元のしわ」(22%)、「乾燥肌」(20%)、「化粧の乗りが悪い」(12%)。上位を占めているエイジングの悩みに、オールインワンが役立ってくれるか半信半疑なのだと思います。

 

女性たちが抱いているオールインワンへの物足りなさに対し、製造メーカーはどんな商品開発をしているのでしょう。「トリニティーライン 」を製造販売している大正製薬グループのスキンケアブランド、ドクタープログラム(株)からお話を伺いました。

 

水を1滴も加えていないオールインワンジェル

f:id:otona12:20180117184521j:plain

トリニティーライン

どれを選んだらいいか分からない多種多様なオールインワンコスメの中で、トリニティラインの「 ジェルクリーム プレミアム」が掲げる特徴は、水を1滴も加えていないこと。従来品(前バージョンのオールインワンジェル)は水が85%だったのに対し、この商品では美容成分を95%以上も配合しているのだそうです。

 

一般の化粧品は精製水をベースに作りますが、「 ジェルクリーム プレミアム」のベースにしたのは植物エキス。北海道の十勝地方で1年に一度、雪解けの頃にしか採取できない「シラカンバ樹液」を豊富に配合しています。

 

f:id:otona12:20180117194556j:plain

雪解けを待つ白樺

雪の中にあっても白樺は、芽吹きのために大地から水分を吸い上げて樹液を蓄えます。樹液には新芽を育てるためのアミノ酸やミネラル分が豊富に含まれており、コスメに配合すると私たちの肌へ潤いやハリ、ツヤを与えてくれます。

 

f:id:otona12:20180117195155j:plain

トリニティーラインに配合されたシラカンバ樹液

 

年齢肌に特化したセラミドを豊富に配合

実物を見せてもらったのはシラカンバ樹液だけじゃありません。下の画像、何だと思います? アイスクリームでもプラスチックでもなく、私たちの肌を構成する成分のセラミドなんです。

 

f:id:otona12:20180117195505j:plain

セラミドの実物

 

水分量が少なく、見た目以上に乾燥しているのが年齢肌。原因は加齢や紫外線などの影響による「セラミド」不足です。

 

セラミドが存在している場所は、表皮のいちばん上にある角質層。わずか0.02mmの層ですが、美肌には大きな役割を果たします。角質細胞(下の図では黄色のスポンジ)の隙間を埋めて水分を抱え込んでいるのが「細胞間脂質」で、それを構成する成分がセラミドです。

 

セラミドが減少して細胞間脂質の構造が乱れた肌からは、内部の水分が蒸散していきます。セラミドには外部刺激から肌を守るバリア機能もあるのですが、この働きも低下。紫外線や乾いた空気などのダメージを受けやすくなって、ハリ・弾力の低下・シワなどの肌老化が加速していくのです。

 

f:id:otona12:20180117185441j:plain

肌内部の水分が蒸散

 

「トリニティーライン」には、ヒト型と呼ばれる「天然型セラミド」が高濃度に配合されています。それが先ほどアイスクリームと間違えた白い塊です。人の肌に存在するセラミドと同じ形なので、しっかりとセラミドの働きを守り補ってくれるのが特徴。その保水力は非天然型と比べると、3.5倍もあるのだとか。しかも従来品の55倍にもおよぶセラミドを配合したのが「ジェルクリーム プレミアム」なのだそうです。

 

美容成分95%の内訳は?

基剤がシラカンバ樹液で、ヒトと同じ形のセラミドを超豊富に配合。そうした年齢肌向けの美容成分は48種類も配合されていて、これらが美容成分95%にあたるわけですね。

【うるおいを抱え込む保湿の成分】

天然型セラミド、モイストセラミド成分、4種のヒアルロン酸、マリンコラーゲン、14種類のアミノ酸、スクワラン

【コラーゲンの生成をサポート ハリ・弾力の成分】

ホチキスポリマー、ツボクサエキス、クアトロリフト

【肌を引き締めて透明感をアップする成分】

シラカンバ樹液、カンゾウ根エキス、クチナシエキス、オトギリソウエキス

 

美容成分の配合難度は一般のジェルとは雲泥の差

ここから先は開発者の専門的な話。いちばん手間がかかったのは成分を混ぜ合わせることだそうです。

一般的なジェルは精製水に美容成分を混ぜるだけで簡単なのですが、「ジェルクリーム プレミアム」では、下記の3つを別々に、できるだけ高濃度に作ってから混ぜ合わるので、3倍の手間がかかっているのです。

  • ジェル基剤と美容成分を混ぜたもの
  • セラミドパーツ
  • その他美容成分

なかでも難しいのがセラミドパーツ。セラミドは水にも油にも溶けにくい成分なので、塗っただけでは肌に浸透しません。そこで用いたのが製薬会社ならではのナノカプセル技術細胞間をくぐり抜ける超微小なナノカプセルに美容成分を閉じ込めて、角質層まで浸透して届けられるようにしたのだそうです。

 

ナノカプセル化したことで、難しくなったのが混ぜ合わせる順番・タイミング・温度・成分の比率で、例えば温度が2度違っているだけで仕上がりは全く別物になってしまうのだとか。

 

一般のジェルが半日で完成するのに対し、2日間もかけて作り上げたのが、なめらかなカスタードクリームみたいなテクスチャー。どれだけの数のナノカプセルが含まれているのか想像すると、奇跡のジェルみたいに思えてしまいます。

 

f:id:otona12:20180117203509j:plain

ナノカプセルを詰め込んだジェル

 

「ジェルクリーム プレミアム」が発売開始されたのは2009年。そして2010年からはモンドセレクションで8年連続で金賞を受賞し、2016年には審査員賞も同時受賞しました。審査員賞はモンドセレクションの化粧品部門で1製品のみが選ばれる特別な栄誉で、金賞と併せてW受賞したのは世界で初めてなのだそうです。

 

f:id:otona12:20180117205435j:plain

2010~2017年まで8年連続モンドセレクション最高金賞を受賞

 

50代中心に愛用されているエイジングケアコスメ

30代あたりから人気のあるこのジェルが、いちばん売れている年代は50代が中心で、ほとんどがネットからの注文だとか。70代の方もいらっしゃるそうです。年齢肌向けと聞いては、私が使わない手はありません。実は1か月前にサンプルを試したのですが、それだけじゃ記事にはならないと思い、本製品をじっくりと使ってみました。

f:id:otona12:20180117210347j:plain

正しい使用量はパール2粒分

 

使用方法は洗顔後にパール2粒分を手に取ったら、両頬・おでこ・鼻・あごの5か所に乗せてなじませるだけ。最後に10秒ぐらいハンドプッシュすると、じんわりと成分が浸透していくのを感じます。化粧水や美容液を塗りたいとは思わず、これひとつで私は充分に潤いました。楽チンです。

 

下のすっぴんはジェルクリームを使って7日目に撮ったもの。目の下にあったチリメンじわが無くなっています。オールインワンだけで年齢肌がケアできるとは正直びっくりしました。乾燥による小じわを目立たなくするすることが、使用前後でシワの変化を測定した効能評価試験で実証されているそうす。

 

f:id:otona12:20180117211732j:plain

ジェルクリーム プレミアムを使って7日目

 

口コミランキング1位のジェルは化学物質だらけ

@コスメでオールインワン化粧品のランキングを見ると、どの年代でも第1位になっているのは、180gが900円のプチプラ商品。現品プレゼントの大キャンペーンをやっているみたいで、ちょっと作為的なものを感じてしまいました。

 

ハトムギが主成分で低刺激を謳っていますが、ジメチコンやパラベン、カルボマー、クロスポリマーがしっかりと入っていて、お肌がツルツルになるのは化学物質の成せるワザだと想像がつきます。私はプチプラが大好きですが、さすがに合成ポリマーを肌につける気にはなれません。プラスチックを上から塗り込んでいるようなもので、このコスメをやめたとたん、肌がバリバリになるんじゃないでしょうか。怖いです。

 

私は皮膚科医の指導のもと、石けんで顔を洗うほかは何もしない「肌断食」をやっていた期間が長いので、せっかくリセットした肌を元の木阿弥に戻したくないのです。本物のセラミド、本物のシラカンバ樹液が肌を潤してくれる「ジェルクリーム プレミアム」なら信用できると、今のところは(使い続けないとわかりませんが)思っています。

 

ちなみにこのジェル、いい匂いとは決して言えません。しいて言えば原料臭? でも無香料、無着色、ノンアルコール、ノンパラペン、アルコールテスト済み、パッチテスト済みの安全性は、さすが製薬会社のお墨付きだと思い、匂いは我慢することにしました。

 

1,000円札2枚でお釣りがくる初回限定価格

f:id:otona12:20180117220042j:plain

 

消費者として最後にもうひとつ。8年連続でモンドセレクション金賞をとっている製品ですから、お値段も相当では?と思うでしょうね。でもご安心ください。

正規価格は50g入りで3,800円

初回限定価格は送料無料で1,900円

 

 あの山盛りのセラミドを肌に浸透させるのだと思うと、ケチらずにたっぷり使えなくちゃ意味がありません。これだけ歳を重ねてきたんですもの。長い人生を付き合ってくれたお肌には「ありがとう」のプレゼントを「セラミド」で惜しみなく贈りたいと思います。

 

f:id:otona12:20180117221036j:plain

公式サイトはこちら

【TRINTYLINE】