Look 10 Years Younger

40歳からのコスメは引き算。簡単に10歳若見えするスキンケア&メイクと美肌サプリ


スポンサーリンク


天然&無添加のヴァントルテから期待のゆらぎ肌ケア 植物幹細胞&ヒト型セラミドの「ボタニカルモイストシリーズ」お試しセット



f:id:otona12:20180408102153j:plain

 

使い慣れたコスメのブランドから、新商品が出たときはとても興味を惹かれます。つけたまま眠れる「ミネラルシルクファンデーション」のヴァントルテ(VINTORTE)から、敏感肌でもエイジングケアできるスキンケアコスメが出たと聞いて、さっそくお試しセットを手に入れました。

植物幹細胞とヒト型セラミドを配合した、肌と心に働きかける「ボタニカルモイストシリーズ をレビューします。

 

 

クリニック風の白い容器に入ったお試しセット

f:id:otona12:20180408114355j:plain

ゆうメールで届くトライアルセット

f:id:otona12:20180408103024j:plain

ボタニカルモイストシリーズ トライアルセット

 

白いBOXで届いた「ボタニカルモイストシリーズ 」トライアルセット。ヴァントルテの製品はシンプルで清潔感があり、新しいことをスタートする期待を高まらせてくれます。

美容皮膚科医が大人の敏感肌に向けて開発した商品というだけあって、余計な飾り文句もなく、クリニック風な容器に入っています。

 

5日間のお試しに使用するコスメは5種類。

ボタニカルモイストクレンジングミルク(ミルク状メイク落とし)

ボタニカルモイストウォッシュ(洗顔フォーム)

ボタニカルモイストローション(保湿化粧水)

ボタニカルモイストセラム(保湿美容液)

ボタニカルモイストクリーム(保湿クリーム)

 どれもたっぷり入っていて、2週間ぐらいは使えそうです。

 

f:id:otona12:20180408103351j:plain

 

 安心安全な9つの無添加&国内生産

 私が最初にヴァントルテに出会ったのは「ミネラルシルクファンデーション」。100%天然成分で作られているファンデで、しかも人間の肌の天然保湿因子(NMF)と似たシルクを素材にしているのが気に入って、デイリーユースしてきました。

 

www.younger10.net

オーガニック&ノンケミカルの製品を使うことをポリシーとしてきたので、新しい化粧品を手に取ったら、最初に見るのは成分表です。石油系の界面活性剤など、肌に刺激のある成分が入っているものは付けません。ケミカル成分は最初のうち影響がなくても、使い続けることで肌に蓄積していくのが怖いからです。

 

「ボタニカルモイストシリーズ」は9つの無添加処方を謳っています。

【 不使用成分 】

シリコン

パラベン

鉱物油

石油系界面活性剤

合成香料

合成着色料

エタノール

紫外線吸収剤

タルク

 

京都生まれのヴァントルテは、ミネラルや植物の力を味方につけて、「肌本来のエネルギー」を引き出すことをコンセプトに作られたブランド国内工場で生産されているので、9つの無添加と合わせて安心安全度が高いのです。

 

年齢肌のゆらぎを分かってくれるコスメ

f:id:otona12:20180408112137j:plain

 

私の肌は丈夫なのが自慢だったのですが、年齢とともに「ゆらぎ」を感じるようになりました。50歳を過ぎてからは紫外線を避け(それまではマリンスポーツで日焼けした肌でした)、肌につけるもの&食べるものには細心の注意をはらってきたのに、何かの拍子で吹き出物ができたり、かぶれたりするのです。

 

もしかしたら加齢によるストレスの影響かもしれないと思い、肌にとって大切なのは心と身体のバランスをとることだと気付いたのです。

 

その矢先に出会ったのが「ゆらいだ心と肌に活力を与えて美しさを呼び覚ます」という、ヴァントルテの独自処方。肌にやさしいだけじゃなく、年齢肌の根っ子にあるものにアプローチしてくれる成分配合に心惹かれました。

 

ビタミン、ミネラルたっぷりなボタニカルウォーター

どんな化粧品でもいちばん重要なのはベース。美容成分を溶かす「水」に何を使っているかです。多くは精製水が使われていますが、ヴァントルテでは独自処方したボタニカルウォーターが使われています。

 

ビタミン類、ミネラル類を最も理想的な状態で抽出したという成分のもとは、サトウカエデとチシマザサ

 

f:id:otona12:20180408113921j:plain

サトウカエデとチシマザサ

 

メープルウォーターとチシマザサ水を高配合することで、肌の状態をみずみずしく整えることをベースにしています。

 

フィットセルマーク認証を得た3つの植物幹細胞

再生医療分野で注目を浴びたことから、美容分野でもコスメに配合さるようになった幹細胞。もともと私たちの体内にあるものですが、幹細胞にはダメージを受けた細胞を再生させる力があることから、アンチエイジング目的には、ヒト由来の幹細胞と植物由来の幹細胞が使われています。

 

f:id:otona12:20180408120156p:plain

フィットセルマーク認証

 

「ボタニカルモイストシリーズ」に使われているのは、フィットセルマーク認証を得た3つの植物幹細胞エキス。きちんと推奨量を満たしているメーカーにだけ与えられるお墨付きです。

ロンデンドロンフェルギネウム葉培養細胞エキス

スイスアルプスの高山植物「アルペンローゼ」の幹細胞を培養して得られたエキスで、大手エステサロンで使われています。肌の幹細胞に栄養を与え、紫外線や乾燥などから肌を守ってくれます。

 

f:id:otona12:20180408124525j:plain

ロンデンドロンフェルギネウム

 

アルガニアスピノサ(アルガン)芽細胞エキス

モロッコの乾燥地帯に自生しているアルガンツリーの芽から培養したエキス。肌の深い部分のエイジングケアをサポートする成分として、真皮幹細胞の保護や再活性化を助ける作用が注目されています。

 

f:id:otona12:20180408124541j:plain

アルガニアスピノサ

 

リンゴ培養果実細胞エキス

収穫から4ヶ月経っても腐ることのない、スイスで品種改良された「奇跡のリンゴ」から抽出したエキス。現在この木は世界に20本しかなく、保護認定されています。肌の幹細胞の寿命を延ばしたり、抗酸化作用による美白やアンチエイジング、表情ジワの改善などに期待が持たれています。

f:id:otona12:20180408124602j:plain

リンゴ

 

肌の成分に近いヒト型セラミド4種類を配合

紫外線や乾燥からお肌を守るために、角質層で細胞のすき間を満たしているのが、天然成分のセラミド。バリア機能を働かせ、水分をつなぎとめています。

 

f:id:otona12:20180408133446j:plain

 

セラミドが不足した肌はバリア機能を失って、紫外線が奥まで届くようになります。

紫外線のUV-Bは表皮で細胞にダメージを与え、UV-Aは真皮にまで達して、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を産生する線維芽細胞にダメージを与えます。しかもメラニン色素の合成を増やすのでシミの元になり、シミ・シワ・たるみの「光老化」を引き起こすのです。

f:id:otona12:20180408134103j:plain

紫外線がもたらす肌のトラブル

「ボタニカルモイストシリーズ」には、ヒトの皮膚に存在するセラミドと同じ構造をした「ヒト型セラミド」を4種類配合。肌本来の保湿力を整えてくれます。

【 配合されているヒト型セラミド 】

  • セラミドEOP(旧表示セラミド1)
     水分を保持し、外部刺激から肌をガードする働きが期待される
  • セラミドNG(旧表示セラミド2)
     水分を保持する働きが期待される
  • セラミドNP(旧表示セラミド3)
     水分を保持し、シワを浅くする働きが期待される
  • セラミドAP(旧表示セラミド6Ⅱ)
     肌のターンオーバーを促し、シワを浅くする働きが期待される

 

 無香料なのが嬉しい4つのSTEPを試しました

「ボタニカルモイストシリーズ」は4つのSTEPに従って使用します。順序を追って試していきました。

f:id:otona12:20180408151041j:plain

4STEPで使うボタニカルモイストシリーズ

 

一般のコスメって、無香料を謳っていてもハーブや何かで香りを付けているものが多いんですが、このシリーズは全く香りがありません。香りに対して過敏な私は、鼻水が出ることもなくて大いに助かりました。

余計なもの入れないで欲しいって、切実に願っているユーザーがいるのを分かってくれて嬉しいです。

 

おとす

ボタニカルモイストクレンジングミルク(ミルク状メイク落とし)

f:id:otona12:20180408140740j:plain

ミルク状メイク落とし

 

クレンジングと洗顔を兼ねたミルク状のメイク落とし。しっかりとメイクしたときに使います。お肌に広がりやすく、洗い落としたあとも乾燥せずに潤いが残っています。アイメイクもちゃんと落ちました。

 

f:id:otona12:20180408140853j:plain

 

ボタニカルモイストウォッシュ(洗顔フォーム)

f:id:otona12:20180408141631j:plain

洗顔フォーム

 

メイクをしていないときや、ナチュラルメイクを落とすときはこれを使います。ネットを使って泡立てると、下手な私でもモコモコもっちりの泡ができました。

いつも使っているヴァントルテの「ミネラルシルクファンデーション」は、これだけで落とせるんだそうです。なめらか感をもたらす配合成分の「カイコまゆエキス」は京繭シルクなんだとか。これが入っているから、ヴァントルテが好きなんです。

 

f:id:otona12:20180408141236j:plain

洗顔フォーム

f:id:otona12:20180408141306j:plain

モコモコの泡

 

うるおす

ボタニカルモイストローション(保湿化粧水)

f:id:otona12:20180408141607j:plain

保湿化粧水

 

500円玉大を手にとって付けます。とろみがあるので、しばらく放置しておきましたが、美容液がいらないほど潤いました。

ボタニカルウォーター、3つの植物幹細胞エキス、4つのヒト型セラミド、カイコまゆエキスなど、保湿成分がたっぷりです。

 f:id:otona12:20180408142433j:plain

 

 たかめる

ボタニカルモイストセラム(保湿美容液)

f:id:otona12:20180408142609j:plain

保湿美容液

 

 3種類の植物幹細胞の濃度を高めて配合。エイジングケアに期待が持てます。1円玉大を手に取って肌に広げました。先ほどつけた保湿美容液がさらに濃度を上げた感じのテクスチャーです。

 

f:id:otona12:20180408143556j:plain

 

 まもる

ボタニカルモイストクリーム(保湿クリーム)

f:id:otona12:20180408143725j:plain

保湿クリーム

 

このシリーズの主要成分に加えて、お肌の表面で弾力と保湿力をアップするコラーゲン、ヒアルロン酸、真皮層の繊維芽細胞にアプローチするビタミンC誘導体が入っています。

クリームといっても真っ白じゃなく、美容液に近いテクスチャー。パール大を手に取って、デコルテラインまで塗りました。

f:id:otona12:20180408144104j:plain

 

 お試しセットはオンラインストアで買うとさらにお得

今回使用したヴァントルテ「ボタニカルモイストシリーズ 」トライアルセットは、5日分が入っていて1,900円(メール便送料無料)。店頭では2,400円なのですが、WEBから申し込むと割引になります

 

どれぐらいお得かを換算してみました。

  • ボタニカルモイストクレンジングミルク(ミルク状メイク落とし)
     本製品 3,564円(税込) 150g → トライアル25g 594円
  • ボタニカルモイストウォッシュ(洗顔フォーム)
     本製品 3,024円(税込) 120g → トライアル 20g 504円
  • ボタニカルモイストローション(保湿化粧水)
     本製品 4,104円(税込) 150ml →  トライアル20mL 547円
  • ボタニカルモイストセラム(保湿美容液)
     本製品 5,184円(税込) 30ml →  トライアル 5mL 864円
  • ボタニカルモイストクリーム(保湿クリーム)
     本製品 4,536円(税込) 30g →  トライアル5g 756円

 

換算すると、本来だったら3,265円なのが1,900円で、かなりお得です。ヴァントルテは店頭販売も始まっているそうですが、オンラインストアの割引価格で購入することをおススメします。ポイントも付きますよ。

 

数あるナチュラルコスメのなかでも、メイドイン京都のヴァントルテは日本人の肌をよく研究しています。大人のゆらぎ肌には嬉しい素材の商品だと思いました。

 

f:id:otona12:20180408150614j:plain

VINTORTEオンラインストア

ボタニカルモイストシリーズ