10歳 若見え

Look 10 Years Younger

40歳からのコスメは引き算。簡単に10歳若見えするスキンケア&メイクと美肌サプリ


美容液で頭皮ケアの新発想!男女とも使える40歳からの生えぎわボリュームアップ「はだぎわ美容液」



f:id:otona12:20180505170855j:plain

 

アラフォー世代から増えてくる悩みが薄毛。いくら若見えメイクをしても、年齢がバレてしまうのが髪の生えぎわです。ペタンとして分け目が目立つのは、育毛剤やウィッグのお世話になるしかないのでしょうか。

そこで美容液と育毛剤が一緒になったエイジングケアコスメが登場。しかも男女問わず、オバ顔・オジ顔対策に使えるのです。顔と、生えぎわの頭皮を一体ケアしてくれる【はだぎわ美容液】 をさっそく試してみました。

 

 

決まらない前髪は加齢によってゆがんだ毛根が原因

くせ毛の私がいちばん気になっているのは、生えぎわのアホ毛。前髪をストレートアイロンで伸ばしても、変なうねりがすぐに復活するのです。

 

美容師さんに相談して分かったのは、髪のせいじゃなくて毛根に問題があるってこと。加齢によって顔がたるんでくると現れる「開き毛穴」と同様に、毛根の形がいびつになったことが原因で、生えてくる毛がうねってしまうのだそうです。

 

f:id:otona12:20180505180208j:plain

毛根がいびつになると毛がうねる

 

アホ毛対策には育毛しかないと知り、あれこれ育毛剤を試しているのですが、大した進展はありません。そんなとき目に飛び込んできたのが「ハリ顔とボリューム生え際で10歳若見え」のキャッチコピー。顔だけじゃなく、頭皮までも一体ケアしてくれる美容液があると知り、さっそく取り寄せました。

「はだぎわ美容液」美活コースの中身

はだぎわ美容液 」の美活コース(2,700円・送料無料)を申し込むと、こんなセットが届きます。40ml(30日分)の「はだぎわ美容液」本品と、ほうれい線ケアのスペシャルグッズ「ピンとハリかっさ」、次回が50%OFFになるクーポンが入っていました。

 

f:id:otona12:20180505171953j:plain

美活コースの中身

 

おまけのカッサプレートとは?

頭皮ケアまで行える美容液と聞き、ヘラみたいな不思議なグッズを使って美容液を塗り込むのかと、勝手な想像をしてしまいました。

 

f:id:otona12:20180505182922j:plain

「はだぎわ美容液」と「ピンとハリかっさ」

 

どうやって使うのか、「ピンとハリかっさ(カッサプレート)」の説明書を読むと、手持ちのマッサージオイルを使ってマッサージする方法が書いてあります。

ほうれい線や顔のたるみ、シワ、フェイスライン、足のむくみ、手足のツボ押しにまで使えるらしいですが、おまけなんですね。これとは別に、「はだぎわ美容液」は単体で使うことが分かりました。

f:id:otona12:20180505183311j:plain

 

顔のたるみは生えぎわから始まっている!

今度は「はだぎわ美容液」の使用説明書を開いてチェック。アラフォー世代以降が気になるエイジングの悩みがほとんど載っていました。

 

  • 生え際、頭皮が透けて見える
  • 分け目が目立つ
  • 顔周りヘアーのボリューム感不足
  • ハリ不足
  • ほうれい線周り
  • フェイスラインの崩れ
  • 乾燥

 

これを読み解いて気付いたこと。

顔のたるみは生えぎわから始まっている!

重力の法則で、人間の顔は上から下に垂れていくのですから、頭の頂点からアゴまでをケアしないことには、顔のたるみが加速するばかりです。下半分にだけ美容液を塗り込んでもダメってことですよね。

 

f:id:otona12:20180505184028j:plain

エイジングの悩み

 

生えぎわケアが重要な理由4つ

気になる年齢肌対策に、顔のケアをあれこれ頑張っても、生えぎわケアまで頑張る人は少ないと言います。頭皮と顔とがつながってることに気付かないんですよね。なぜ生えぎわなのか、もう少し詳しく言うと4つの理由があります。

 

  1. 正面から若々しい印象には、顔周りヘアのボリュームは大事。
  2. 顔のハリ不足ケアには、顔頭皮一体ケアが良い(肌は一枚皮なので、顔よりもっと上からケアした方が良い)。
  3. 将来スカスカになっても、隠すためのウィッグがない。
  4. 生えぎわは男性だけでなく、女性でも加齢の影響を受けるパーツ。スカスカ、コシ不足、分け目が目立つ悩みは40歳ごろから目立ってくる。

 

 若くても薄毛が進行するヘアスタイル

f:id:otona12:20180505191135j:plain

生え際に負担がかかるヘアスタイル


驚いたのは若い世代でも生えぎわケアが大事だってこと。特にまとめ髪をいつもしている方たち、ご注意ください。

ポニーテールや編み込みにして髪を引っ張っている人

前髪をアップにしていることが多い人

 こんなヘアスタイルの方は、生えぎわにストレスがかかって、若くても薄毛が進行していくんだそうですよ。恐ろしいじゃありませんか。

 

育毛剤が生えぎわには向かない理由

社会で活躍する女性が増えてきたことで、女性向け育毛剤の人気が上がってきた聞きます。バリバリ働くことで男性ホルモンが有力になるからか、薄毛を気にする人が多いんだそうです。

 

ところが生えぎわ対策に育毛剤を使い始めても、途中で挫折しちゃう方が多いと聞きます。なぜかと言うと、生えぎわに育毛剤を刷り込むと、顔に垂れてきて肌荒れが心配だし、目に入ると痛いんですよね。育毛剤は頭頂部や後頭部には使えても、生えぎわには使いにくい。この難題をクリアするのは発想を変えて、顔用の美容液を使うことです。

 

フェイス&スカルプケアが一度にできる美容液

f:id:otona12:20180505193619j:plain

フェイス&スカルプ美容液

 

「はだぎわ美容液」のパッケージを見ると、フェイス&スカルプ美容液と書かれています。でも考えるに、顔と頭皮がつながっているわけですから、いつも使っている美容液を頭にもつけたら済むんじゃないでしょうか。

「はだぎわ美容液」のどこにメリットがあるのかを調べました。

 

  • ヘアケアに強く信頼実績の高い日本企業、発毛専門の「リーブ21」OEMメーカーにて生産
  • 美肌・美髪に昔から使われてきた成分・アナツバメ巣エキスを配合
  • 大学教授による30年の研究成果が見られるエイジングケア成分・ウンカリアトメントサエキスを配合
  • 9万本のブルガリア産ローズから1gしか採れない発酵ローズハチミツを配合
  • ノーベル賞受賞の成分・フラーレンを配合
  • 流行の成分に左右されず、歴史に裏付けされた天然の発酵成分を配合
  • 無添加(合成界面活性剤、鉱物油、着色料、香料、パラベン)
  • 顔だけに塗っても、頭皮全体に塗ってもOK

顔と生えぎわ頭皮を兼ねる完全オリジナル処方ということで、男女問わず何歳になっても、長く使える美容液なんだそうです。

 

若さを保つために使われてきたアナツバメエキスを配合

f:id:otona12:20180505201501j:plain

顔と頭皮にアプローチする3つの成分

 

肌にハリを与える成分として注目したいのは「アナツバメエキス」。東南アジアに生息するアナツバメの巣から抽出されたエキスです。

 

アナツバメは高さ30~50mの海岸にある崖下に、オスが約1カ月間かけて巣を作ることで有名なのですが、繁殖期に発達した唾液だけを使って巣を固めます。その巣には若返りと美容の効果があると言われ、楊貴妃も食べたと言われるなど、中国宮廷の女性や上流階級の婦人たちなど、ごく限られた人たちが美貌と若さを保つために好んで食したと伝えられています。

 

f:id:otona12:20180505202108j:plain

アナツバメの巣


巣を作る粘着剤とも言うべき、アナツバメの唾液に含まれている「シアル酸」こそが注目したい美容成分です。シアル酸の主成分は、タンパク質と多糖類が結合した「ムチン」。細胞の表面をつくる大切な物質で、体内に摂り込んだり肌につけたりすると、うるおいを増してツヤツヤになるんだそうです。

 

アナツバメの巣にはローヤルゼリーの200倍ものシアル酸が含まれており、「はだぎわ美容液」では最高級天然アナツバメの巣から、製造過程においてシアル酸を壊さないように抽出することに成功しています。

 

DNA修復促進作用が発見されたウンカリアトメントサエキスを配合

f:id:otona12:20180505203014p:plain

キャッツクロー

 

ペルーやアマゾンの先住民達がインカ帝国の時代から食してきたハーブ「キャッツクロー」の樹皮から抽出したのが「ウンカリアトメントサエキス」。キャッツクローは抗酸化作用が高く、シミや美白、紫外線・大気汚染などあらゆるストレスによるダメージ補修に効果があることが注目されてきました。

ウンカリアトメントサエキス(AC-11)は、スウェーデンLUND大学Dr.Pero博士の30年に及ぶ研究により、キャッツクローの樹皮には高いDNA修復促進作用があることが発見されました。現在は肌の力を底上げする整肌成分として、エイジングケアや美容サプリ、化粧品に配合されています。

 

保湿とピーリング効果のある発酵ローズはちみつを配合

f:id:otona12:20180505234040j:plain

ブルガリア産ローズ


ローズはちみつは9万本のブルガリア産ローズから僅か1gしか採れないので、「幻のはちみつ」として珍重されています。そのローズはちみつを原料とし、天然界の希少な成分・酢酸菌(グルコノバクター)を用いて、自然の力で発酵させたのが「発酵ローズはちみつ」(グルコノパウダー/はちみつ発酵液)です。

 

はちみつ本来が持つ保湿力に加えて、マイルドなピーリング効果でくすみを取り除き、豊富なミネラルを補うことができます。

 

ノーベル化学賞を受賞した美肌成分フラーレンを配合

抗酸化作用はビタミンCの172倍、コラーゲン生成促進作用はプラセンタの800倍と言われるフラーレンは、1996年に発見されてノーベル化学賞を受賞した成分です。長時間に渡って抗酸化作用を発揮し、美白、エイジングケア、紫外線防御、 シワ、シミ、ニキビ、毛穴対策など、4,000以上のエビデンスが上がっています。

 

 

有用成分がアップした発酵液を配合

「発酵ローズはちみつ」の他にも、発酵によってアミノ酸、タンパク質などの有用成分量をアップした発酵成分を配合しています。

豆乳発酵液

女性ホルモンのエストラゲンに似た働きをするイソフラボンにより、エイジングケアに欠かせない肌のハリ・ツヤの保持などの美容効果が期待できます。

コメ発酵液

三重県産の米から醸造されたアミノ酸の多い日本酒を原材料とし、しかもアミノ酸総量の約76%が天然保湿因子(NMF)となるアミノ酸です。保湿効果と整肌効果のピーリング作用が期待できます。

リンゴ果実培養細胞エキス

長期保存がきく特性を持つ、世界に数本しか残存していない絶滅危惧種のスイス産リンゴを使用。肌を若々しく保つエイジングケアの他、頭皮環境を整える効果が期待できます。

 

 頭皮を健やかに保つ和漢洋植物エキス8種類を配合

f:id:otona12:20180505234820j:plain

はだぎわ美容液の成分

 

パッケージの成分表を見ると、真ん中あたりには植物エキスの名前がいっぱい。オタネニンジンエキスやローマカツミレ花エキスなど、頭皮を健やかに保ち、育むための和漢洋植物エキスが8種類も配合されています。

 

 

f:id:otona12:20180506001327j:plain

使用量は4~5プッシュ

 

使用方法は4~5プッシュを手に取って、両手で頬を包み込むように押さえていくそうで、アドバイス通りにやってみました。顔に続いて、生えぎわから頭皮7cmまでをマッサージしながら塗り込むというのが、なかなか上手くいきません。

顔の分、生えぎわから上の分と、量を二段階に分けて塗ったほうがまんべんなく美容液が行き渡るように感じました。

 

f:id:otona12:20180506002501j:plain

生えぎわから頭皮7cmまでをマッサージ

 

育毛剤みたいにスーッとした清涼感はありませんが、髪の中に塗り込んでも垂れてくることはありません。前髪が固まったり、うねりが出ることはなく、サラサラしています。分け目にも擦り込んで、育毛効果を期待したいものです。

 

定期コースは3回で11,160円もお得

f:id:otona12:20180506004336j:plain

定価は40ml(1カ月分)8,400円

 

 顔だけじゃなく、毛周期を考えた長期的なスカルプケアも行う美容液であれば、「はだぎわ美容液 」の購入は「美活コース」のほうが得なことは分かります。気になるのは停止・休止がいつでも可能な定期購入じゃなく、3回縛りになっていること。

本気で育毛を考えているユーザーのために、どんな支払方法になっているのかをチェックしました。 

40ml (1カ月分)定価 8,400円

   ↓

定期1回目 68%割引の2,700円(税込)
定期2回目 50%割引の4,200円(税込)
定期3回目 15%割引の7,140円(税込)
定期4回目 50%割引の4,200円(税込)

定期3回目までを合計して比較すると・・

定価で3本買った場合 25,200円(税込)

定期で3本買った場合 14,040円(税込) 

 なんと定期購入のほうが11,160円もお得でした。650円の送料が無料になるし、使ってみて合わない場合は10日間の返金保証が付いています。

 

生えぎわに毛髪のボリュームが戻り、アホ毛と変なうねりが無くなれば10歳の若見えも夢じゃない? 頭皮から顔までがオールインワンなことを改めて実感しました。

 

f:id:otona12:20180506010053j:plain

公式サイト

オバ顔さようなら!顔×生え際頭皮ケアの【はだぎわ美容液】