50代 美容

Look 10 Years Younger

40歳からのコスメは引き算。簡単に10歳若見えするスキンケア&メイクと美肌サプリ


クリームシャンプーKAMIKAで白髪染めの回数が減った! 1カ月試したら黒サラツヤ髪で若見え!?



f:id:otona12:20180929221656j:plain

白髪や抜け毛もケア出来る!オールインワン黒髪クリームシャンプー【KAMIKA】

 泡立たないクリームシャンプーの良さを知ると後戻りできません。頭皮環境を健やかにして抜け毛をケア。髪質をサラツヤに改善するのに加えて、白髪染めを長持ちさせるメリットがあるんです。私は週に1回、白髪染めトリートメントを使っていたのが、今では2週間に1回で済むようになりました。

ヘアケアが楽チンになった! これ1本で髪のエイジングケアができるオールインワン黒髪クリームシャンプー【KAMIKA】を使った感想をまとめました。

 

 界面活性剤入りシャンプーが及ぼす害とは?

そもそも髪を洗うのに泡がモコモコ立つシャンプーが必要なのか、私はずっと疑問に思っていました。なぜなら市販のリーズナブルなシャンプーには、ラウリル硫酸Naやラウレス硫酸アンモニウムといった刺激の強い合成界面活性剤が入っているものが多く、肌の弱い人には薄毛や抜け毛の原因となります。

 

f:id:otona12:20180929224801j:plain

シャンプーで抜け毛が増える?

そこで私は数年前から固形の純石けんで髪を洗うようになったのですが、若い人には向いてても、エイジングが進んだ頭皮と髪には、洗浄力が強すぎるのが困った点です。

 

だからと言って湯シャンだけにするのは、加齢臭が出そうでイヤ。仕方なく石けん洗髪のあとに洗い流さないタイプのヘアケア剤を使うことで、髪がパサパサになるのを防いできました。でもこのヘアケア剤にも問題があったんですね。

キューティクルを傷つけるトリートメントの界面活性剤

  私たちの髪は、毛髄質(メデュラ)、毛皮質(コルテックス)、外表皮(キューティクル)の3層構造から出来ています。

f:id:otona12:20181010102623j:plain

 

髪の表面(キューティクルの外側)は皮脂のコーティングで覆われて、異物の侵入や乾燥から髪を守っています。その皮脂とは脂肪酸、スクワレン、ワックスなどさまざまな油性成分が混じったもので、ワックスなどは1年以上も髪の表面にとどまって、うるおいを守り続けています。

 

ところが強力な界面活性剤入りのシャンプーで洗うと、良質な皮脂まで剥がれ落ちてしまい、髪を乾燥させます。これを補うべきトリートメント剤にも乳化剤として界面活性剤が含まれているので、使えば使うほど剥き出しになったキューティクルが傷ついていくのです。

市販のトリートメント剤やヘアケア剤でのコーティングは見た目だけ。内側にある髪はバサバサに劣化していきます

 

皮脂を落とし過ぎると抜け毛・薄毛につながる

とは言え、たっぷりの泡で洗髪した後は、頭皮がスッキリして気持ちがいいですよね。ただし快感は一時的なもので、皮脂をごっそり取り去ると後でトラブルが発生します。

 

無くなってしまった皮脂を補うために皮脂腺が大きくなり、本来は毛母細胞に行くはずだった栄養が、皮脂腺に行ってしまうのです。

f:id:otona12:20180929232448j:plain

皮脂腺が大きくなると毛母細胞に栄養が行かない

栄養不足になった毛母細胞からは健康な毛が生えにくくなり、産毛のような細い毛が生えてきて、成長しないまま抜け落ちてしまいます。これこそが薄毛と抜け毛の元凶なのです。

f:id:otona12:20180929233043j:plain

毛母細胞の栄養不足で毛が抜ける

 

石けんとシャンプーの中間にあるクリームシャンプー

健康な美髪のために欲しいのは、頭皮の毛母細胞に栄養が届くよう、皮脂を取りすぎないシャンプー。さらには髪のキューティクルを守ってくれる優しいシャンプー。トリートメントの代わりになる成分も入っているシャンプー。そこで生まれたのが、泡の立たないクリームシャンプーなのです。

 

ほとんどのクリームシャンプーには、シャンプー・コンディショナー・トリートメント・頭皮ケアのオールインワン機能があります。ただし若い人たちにはそれで充分でも、40代を超えるともう一つ、エイジングの機能が欲しくなるんですよね。

 

そこで今回注目したのが、髪を補修して黒髪を育てる成分「ケラチン」と「メリタン」が配合されたオールインワン黒髪クリームシャンプー【KAMIKA】なのです。

 

f:id:otona12:20181021165025j:plain

オールインワン黒髪クリームシャンプー「KAMIKA」

濃厚クリームで髪を洗うKAMIKAのオールインワン

  • シャンプー
  • トリートメント
  • コンディショナー
  • 頭皮ケア
  • 白髪予防

 

合成界面活性剤フリーで黒髪・ツヤ髪を育てる高級成分を配合

下の画像は、KAMIKAの容器にプリントされた全成分です。

パラベンフリー・合成色素フリー・紫外線吸収剤フリー・鉱物油フリー・ラウレス硫酸系洗浄剤フリーで、皮脂をごっぞり取り去るような合成界面活性剤は入っていません。

 

f:id:otona12:20180930000836j:plain

 

そして頭皮環境を整え、サラツヤ髪に導く天然成分がぎっしりと入っています。

 

髪を補修して黒髪を育てる成分 ヘマチン、メリタン
汚れを落として潤いを与える海の恵み成分 スサビノリエキス、海塩、マコンブエキス
髪と頭皮を健康にする植物エキス ゴボウ根エキス、オドリコソウエキス、ローズマリー葉エキス、ニンニク根エキス、アルニカ花エキス、セイヨウアカマツ球果エキス
高い抗酸化作用で「腐らない奇跡のリンゴ」 フルーツ幹細胞エキス
しっとりツヤツヤ瑞々しさを閉じ込める ハチミツ、ケブカワタ種子油、アルガンオイル、ヒマワリ種子油

 

他のクリームシャンプーには入っていない、KAMIKAならではの配合成分がヘマチンとメリタン染めずに白髪をケアして、内側から自然な黒髪へ導いてくれる成分です。

 

ヘマチン

赤血球に存在する色色素「ヘモグロビン」を構成する成分の一種。ヘモグロビンを「ヘム」(色素)と「グロビン」(タンパク質)に電気分解することで、「ヘマチン」が生まれます。ヘマチンには他の分子と結合する特性があり、髪の主成分である「ケラチン」と結びつくことで、髪の毛を補修する働きをします。

 

残留アルカリを除去する働きもあるのでヘアカラーの持ちが良くなり、メラニン色素を作る酵素「チロシナーゼ」を活性化することで、白髪予防の効果も期待できます。

 

パーマやカラーリングで傷んだ髪を補修するため、美容室では薬剤を使用する前と後にも使われるサポート成分。高額なので市販のシャンプーには入っていません。

 

メリタン

髪の毛が白髪になるのは、メラニン不足が原因です。メラニンを形成する細胞「メラノサイト」を活性化させる成分として効果が期待されているのが「メリタン」(血中メラノサイト刺激ホルモン)。毛根の奥にあるメラニン産生部分に刺激を与えて、白髪の予防と改善にアプローチします。

 

髪の汚れはブラッシングとお湯洗いで8割が落とせる

初めてクリームシャンプーを使った方は、本当に髪が洗えているのか不安になる人が多いと聞きます。私もその一人でした。

でもそれは髪の汚れは石けんじゃないと落ちないという思い込み。ちゃんとブラッシングしてお湯で洗うだけで、髪の汚れの80%は落とせるのだそうです。100%キレイにしないくていい理由としては、洗い過ぎは頭皮を守る常在菌まで洗い落としてしまい、臭いや湿疹を発生させる原因に繋がるからです。

 

要はクリームシャンプーを使う前に、お湯で予洗いを充分にしておけばOK。正しいシャンプー方法がKAMIKAのサイトにあったので引用します。

 

f:id:otona12:20181021143921j:plain

KAMIKAの使い方


KAMIKAで実際に洗ってみた髪の状態は?

私は髪を予洗いするとき、シャワーだけでは洗い方にバラつきがある気がするので、洗面器にお湯を溜めて何度も洗い流すことにしています。要する時間が3~4分。このあとに使うクリームシャンプーは、髪を洗うというよりも頭皮マッサージを主体にしています。

 

KAMKAの使用量はピンポン玉1個分。

 

f:id:otona12:20181021144558j:plain

 

容器の裏側に使い方が載っています。髪をすすいで水気を軽く切ったあと、クリームを頭皮と髪になじませ、頭皮を指の腹で揉み込むようにマッサージします。

 

せっかくの頭皮ケア&白髪ケア成分が入っているので、輪ゴムでまとめてそのまま放置。私は身体を洗ったり湯船に入ったりした後に、お湯で洗い流すことにしています。

 

f:id:otona12:20181021144708j:plain

KAMIKAの使い方

固形石けんで洗髪するときは、最後にクエン酸リンスをしないと髪がギシギシになるのですが、クリームシャンプーはその必要がありません。KAMIKAをお湯で洗い流したあとの手触りの良さは、初めて使ったときから実感しました。

 

充分にタオルドライして、薬用育毛剤で頭皮マッサージをしたら、ドライヤーで一気に乾かします。後ろから見たところを撮りました。

 

f:id:otona12:20181021145506j:plain

KAMIKAで洗って乾かした髪

 

パサつきが落ち着いて、ふんわりしているのに広がらず、スタイリングが楽になりました。私は癖毛なのですが、ストレートアイロンを使わなくても、ドライヤーとブラシだけでイイ感じにヘアスタイルがまとまっています。

 

クリームシャンプーを知ると他のシャンプーに戻れない

今は10月半ば。秋冬は空気が乾燥して、髪に静電気が起きるのが悩みですが、クリームシャンプーのケアを続けているからでしょうか、朝起きたときの爆発や広がりが無くなりました。

 

前だったら髪を濡らして再ブローしていたのが、濡らさなくても短時間ドライヤーを当てるだけで済んでいます。たぶん髪の中の水分量がバランスよく保たれているんじゃないでしょうか。

頭皮の痒みも無くなり、スタイリングが楽チンになった今では、もう泡モコモコのシャンプーには戻れません。

 

使用して1カ月・・黒髪が若見えにつながるのを実感

最初に書いたように、クリームシャンプーで最も嬉しいのは白髪染めの間隔が延びたこと。私はカラートリートメントを使っているのですが、髪を傷めにくいメリットがある反面、すぐに色落ちしてしまうのに困っていました。

いつもならシャンプーを3回すると色落ちして茶色っぽくなっていたのが、クリームシャンプーなら5回洗っても白髪染めトリートメントの色がキープされています。

 

白髪があると分かるのは、分け目の部分の毛が伸びてきたせい。これは自然の摂理ですから、育毛も上手くいっているのだと喜んでいます。

 

f:id:otona12:20181021160524j:plain

カラートリートメントの色持ちがいい

 

周りからは「髪がサラサラで羨ましい」とか「白髪染めしてないの?」とか驚かれますがが、前はこんなじゃなかったのです。私はアラ還ですが、クリームシャンプーが若見えに繋がることを実感しています。

 

f:id:otona12:20181021154952j:plain

KAMIKAを使って1カ月

 

通常価格1本5,980円が縛りなしの得々コースで3本5,980円に!

【KAMIKA】を使ってヘアケア楽チンになり、若見えにもつながったのは、下の5つの働きをするオールインワンだからでした。

 

濃厚クリームで髪を洗うKAMIKAのオールインワン

  • シャンプー
  • トリートメント
  • コンディショナー
  • 頭皮ケア
  • 白髪予防

 

そしてもう一つのメリット。これまで使っていたシャンプーやトリートメント、白髪染めトリートメントの費用が一気に圧縮されたことです。ヘアケア代が安くなりました

 

f:id:otona12:20181021161344j:plain

1本あたり1,993円(送料無料)で購入できるKAMIKA


KAMIKAの通常価格は1本5,980円(税抜)。

これをお得に購入する方法は2つあります。どちらも全国一律送料無料です。

 

得々コース

初回限定5,980円(税抜)で、3カ月ごとに3本ずつ届きます(1本当たり1,993円)。2回目からは11,780円(税抜)。

 

定期コース

初回限定3,980円(税抜)で、毎月1本ずつ届きます。2回目からは4,880円(税抜)。

 

どちらのコースも縛りや回数制限はないので、次回発送日の10日前までに申し込めば解約できます。

やっぱり要らないと思ったときでも、初回限定購入の未開封品なら、10日以内に連絡すればお客様都合でも返金してくれるのは安心です。

 

いちばん安く試す方法としては、3本届く得々コースを申し込んで、クリームシャンプーを使ってみたいお友だちと3人でシェアすれば、1,993円(税抜)の負担で済みますね。40~50代の男女に人気のあるシャンプーなので、声をかけたら「欲しい!」という声が多いのではないでしょうか。

 

↓ 公式サイトはこちら ↓

白髪や抜け毛もケア出来る!オールインワン黒髪クリームシャンプー【KAMIKA】

 

f:id:otona12:20181021164919j:plain