Look 10 Years Younger

更年期からのコスメは引き算。お肌とお財布にやさしいオーガニック&ノンケミカル美容レビュー

ルナレーナ編 超微粒子で鉱物油フリーの老舗フェイスパウダー


f:id:otona12:20170917135414j:plain

 

今ではだいぶ少なくなりましたが、蛍光灯や太陽光の下で、ファンデが白浮きしてる人っていますよね。初めてメイクをした大学生のころ、私もその一人でした。首と顔の色があきらかに違うのに気付かなかったんです。

 

 

 書籍「あぶない化粧品」シリーズとの出会い

 

18歳でコスメフリーク。大学へ通う途中にカネボウの化粧品店があり、お小遣いをつぎ込んだものです。リキッドファンデから始まって、クリームタイプ、ケーキタイプへとシフト。物足りなくて、母が使っていたカバーマークまで拝借するようになりました。塗れば塗るほど肌が乾燥して汚くなり、「もうやめた!」と一気にコスメを断捨離したのが、20代後半です。

 

そのころ夢中になって読んだのが、日本消費者連盟の「あぶない化粧品」というシリーズ。ケミカルなコスメから離れる決意を促してくれました。

 

f:id:otona12:20170608003114j:plain

 

この本から学んだお手入れは石けん洗顔のみで、基礎化粧品は無し。日焼け止めを塗って、ベビーパウダーをはたくメイクをずっとしていました。でもそれじゃシミ、くすみは隠せない。40代に入って、ルナレーナから出ている色付きのフェイスパウダーを使うようになったのです。

 

ファンデじゃなくてパウダーのルナレーナ

 

ルナレーナは1991年に福岡で誕生し、コツコツと草の根的な販売を続けてきた化粧品メーカーです。一日中きれいな肌を保つためのスキンケアを考えて、パウダーメイクを提案。油分を含まず、簡単に洗い落とせるパウダーを開発してきました。基礎化粧品なども白色粘土と富士山の湧き水を使った、日本の老舗ならではの信頼できるブランドです。

 

f:id:otona12:20170917135314j:plain



 厳密に言うと、ルナレーナにはファンデーションはなくて、あるのは超微粒子の粉おしろいを固めたプレストパウダーだけ。鉱物油フリーなので肌がくすむ心配はありません。ちなみに鉱物油とは、石油を原料として合成・精製された油成分のこと。油ヤケを起こす人もいるので、ルナレーナには含まれていません。

 

タルク、マイカといったミネラルから作られた超微粒子パウダーが皮脂や水分を取り込んで、いつもサラサラ。ベタつきや毛穴へ落ち込みが気にならず、皮膚呼吸してる!って感じる状態をキープします。しかもSPF13 PA⁺⁺で、紫外線からもガードしてくれるんです。

 

カバー力と透明感のパウダーシリーズは2タイプ

 

スキンケア発想から生まれたルナレーナのパウダーには、肌にしっかり付いてカバー力のある「コントロールパウダー 」と、軽く付いて透明感のある「コンパクトパウダー 」の2種類があります。

 

まずは「コントロールパウダー」でメイク。

f:id:otona12:20170608011246j:plain

 

透明感をプラスしたり、お化粧直しには「コンパクトパウダー」を使います。

f:id:otona12:20170608011127j:plain

 

専用ケースは両方のパウダーをセットできる仕様。私はコンパクトパウダーだけ使っているので、パレットの片側には携帯用のパフを入れています。

 

f:id:otona12:20170608011856j:plain

 

コンパクトパウダーでのメイクはこんな感じ

 

軽付きタイプの方、コンパクトパウダー でメイクした写真を載せます。白浮きしていませんよね。素肌のままみたいな透明感があってサラサラ。時間が経つにつれてしっとり馴染んで、お化粧直しは要らないなあと思っています。真夏の炎天下でも、汗で流れ落ちることはないです。

 

使っているお色はパウダーライト(C01)という、もっとも明るく透明に近いカラーですが、よく売れているのはナチュラル。ニキビ隠しの微粒子パウダーも発売されて、男性にも売れているそうです。

 

f:id:otona12:20170608012020j:plain

ルナレーナ コントロールパウダーナチュラル C401★送料無料★

価格:3,780円
(2017/6/8 01:40時点)
感想(0件)

ルナレーナ コンパクトパウダー ナチュラルレフィル C-03[ルナレーナ パウダーファンデーション]【送料無料】

価格:3,240円
(2017/6/8 01:51時点)
感想(0件)

追記:2017年10月13日

上の記事を書くに当たり、メークした写真を撮ったのは2017年6月4日です。それから4カ月が過ぎた今、最も使用するパウダーはヴァントルテのミネラルファンデに変わりました。

肌に負担のないファンデは何種類も試して、このブログの「メイクアップカテゴリー」に載せていますが、いちばん軽くてカバー力があり、落とすのを忘れて寝てしまっても朝はますます潤っているのは、ヴァントルテだと思います。

 

下の写真は10月12日の朝に撮ったもの。美容液を塗っただけで下地も塗らず、直接パウダーをパフで叩いていますが、メイク直しなどせずとも夜までこの状態が続きました。

 

12月には62歳になります。でも10年前の肌より今のほうが若いと思えるのは、コスメブランドが確実な進化を遂げたおかげかもしれませんね。

 

f:id:otona12:20171013144343j:plain

 

www.younger10.net