Look 10 Years Younger

更年期からのコスメは引き算。お肌とお財布にやさしいオーガニック&ノンケミカル美容レビュー

結果を出すスキンケア~全商品フラーレン配合の「ホメオバウ」を使って5日で答えが出ました


f:id:otona12:20171004152714j:plain

 

夏が終わって仕事のシーズン。私はここ10日間ほど猛烈に忙しくて、睡眠時間が3時間を切る日が続いていました。洗顔のとき鏡を見ると、くすんだ肌に小ジワの寄った目もと。年齢肌が丸出しじゃありませんか。

このまま放置していたら元に戻らなくなっちゃうと、慌てて封を開けたのが、プロエステティシャンが開発した業務用化粧品の「ホメオバウ 」です。

 

 

最初は疑ってかかったホメオバウのコスメ

 

うちは結果を出す化粧品を作っています」と、ホメオバウ化粧品のプロダクトマネージャー(PM)さんから戴いたのは「ホメオバウ スターターセット」。ローション(化粧水)、エッセンス(美容液)、クリームの3点セットです。でも使うかどうか、ためらっていました。

 

f:id:otona12:20171004153452j:plain

 

実を言うと化学物質過敏症の私は、固形の純石けん(下の画像はアレッポの石けん)で洗顔したあと、化粧水すら塗らないスキンケアを続けてきました。ここに至るまでは様々な経緯があったのですが、何とかトラブルのない普通肌に戻したのです。

 

f:id:otona12:20171004160020j:plain

 

ところが最初に書いたように、ハードな仕事が続くと別。夏に入る前はディスプレイに向かい続けて徹夜もしばしばだったので、ついにコスメのお世話になることにしました。このブログで美容レビューを始めたころです。

ただし安全なものしか使わないと決め、眼を皿のようにして成分表をチェック。危険な物質が入っていないコスメだけを試してきたつもりです。

 

ホメオバウは「合成香料不使用、無着色、無鉱物油、石油系界面活性剤不使用、パラベン不使用、シリコン不使用」なので、第一関門は見事クリアしました。

 

 日焼けサロンの店長がシミひとつない美肌に

 

広告の謳い文句には乗らず、使う前には疑ってかかろう。そんな根性を持つ私の前に現れたホメオバウのPMさんは、50代にしてシミひとつないツヤツヤの肌。「どうせエステ業界の人だもんね」と思っていたら、衝撃的な写真を見せて下さいました。それは彼女の20年ほど前の写真でした。

 

四季を問わず真っ黒に日焼けして、会社に入ってからは日焼けサロンのマネージャーとして勤務していたそうで、なんと30代で肌年齢が50歳と言われていたのだそうです。

f:id:otona12:20171004170111j:plain

 いや~、思わず親近感を覚えましたよ。実は私も10年ほど前まではガングロでしたからね。恥ずかしいのをお見せしますが、日焼け止めなんて塗ったことがなく、秋が過ぎて冬になってもヨット焼けで、ドス黒いままでした。

 

f:id:otona12:20171004161648j:plain

 

現在の白い肌に戻るまで、どれだけ涙ぐましいチャレンジをしたかは、別ブログの記事に書いています。

 

www.connoisseur12.com

肌のターンオーバーは20代で28日。真皮が生まれ変わるには?

 

PMさんが日焼けをやめ、ホメオバウ化粧品の担当になって4年が経ったとき、昔の写真を見て驚いたのは、ずいぶん肌がきれいになったことだそうです。きちんとお手入れすれば肌年齢はストップするのに気付き、それからは皮膚理論をしっかり勉強して、正しい化粧品の使い方を覚えたのだとか。

 

肌の基底層で生まれた細胞は、新しい細胞に押し上げられるようにして表面まで上がっていきます。やがて死んだ細胞が集まった角質層となり、最後はアカとして剥がれ落ちるまでのサイクルをターンオーバーと言います。

f:id:otona12:20171004182258j:plain

ターンオーバーは20代のときには28日周期でも、50代になれば60日。つまり2カ月前に生まれた皮膚が顔に張り付いているのです。これをいかに28日に近づけるかが化粧品のチカラなんですね。

 

  • 表皮のいちばん上にある角質層は、死んだ細胞が集まっているとは言え、肌を守る天然バリアとして大切な役割を果たします。
  • 真皮はヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンを蓄え、もちもちと弾力のあるバネの役割を果たします。

f:id:otona12:20171004183041j:plain

若いうちは生まれてくる細胞と死んでいく細胞の数が同じなのですが、基底層の下にある真皮が生まれ変わるには、要する年数が7~8年。表皮と真皮は合わせてたった2mmだというのに、今から頑張ってケアして、やっと7年後にキレイな肌が戻ってくるなんて、気が遠くなるような話です。

 

角質層に必要なのは水分を保持するNMF

 

f:id:otona12:20171004185354j:plain

 

紫外線や大気中の有害物質で肌が傷めつけられると、表皮から水分が失われていき、肌が乾燥してシワが寄ってきます。こうならないよう防いでいるバリア機能が、角質層の天然保湿因子NMF(natural moisturizing factor)です。

 

f:id:otona12:20171004192324j:plain

 

NMFが角質層にいっぱいあれば、うるおっている肌。MNFの構成成分の60%はアミノ酸なので、化粧水にはアミノ酸がたっぷり入っていることが望ましいわけです。

ホメオバウのローション(化粧水)はたっぷりと含んだアミノ酸を、角質層へダイレクトに届ける役割をします。

 

老化対策の最強成分が配合されたローション

 

前置きが長くなりました。ここからが「ホメオバウ スターターセット」のお話です。まずはローション(化粧水)。

 

f:id:otona12:20171004192107j:plain

 

ホメオバウのローションにはアミノ酸のほか、まるで美容液かと思うほど、欲張りな美容成分が入っています。

 

最も注目すべきはフラーレンです。ノーベル化学賞を受賞した成分で、あらゆる肌トラブルを引き起こす活性酸素を、ビタミンCの172倍のパワーで強力に消去。シミやシワ、毛穴などパーフェクトに肌の悩みを解決してくれます。

 

f:id:otona12:20171004192645j:plain

 

ホメオバウ は9年前に初めてフラーレン配合の美容液を出したそうなのですが、自社のエステシシャン同士で試したところ、1本使わないうちに首と顔の色が違ってきたのだとか。顔がどんどん良い方向へ変化していくのが見て取れて、今ではホメオバウ全ての商品にフラーレンを配合しているのだそうです。

 

もちろんフラーレンだけでなく、ローションにはプロテオグリカンや新型ビタミンC誘導体(APPS)といった話題の成分が配合されています。

500円玉ぐらいの量を手のひらにとって、顔がびしょ濡れになるほど付け、ハンドプレスで浸透させていくのがベストな使い方だそうです。

 

f:id:otona12:20171004194217j:plain

 

実際に使ってみると、化粧水というよりは美容液に近い「こっくり」さ。手のひらでパンパンと叩くのは、液が飛び散るだけなのでダメと聞いて、じんわり時間をかけてハンドプレスしてみました。

私にはこれだけで充分な気がしましたが、せっかくスターターセットをゲットしたのですから、次へ進まないといけませんね。

 

有効成分をカプセルに閉じ込めて真皮まで届けるエッセンス

 

f:id:otona12:20171004194611j:plain

 

ローションが角質層で天然バリアを作るなら、次なるアイテムはもっと奥まで届いて欲しいもの。エッセンス(美容液)ではそれを実現しています。

フラーレン分子を閉じ込めた「リポゾーム」というナノ粒子カプセルが、肌のバリア機能を通り抜け、必要なところに有効成分をしっかり届けてくれるんだそうです。

 

f:id:otona12:20171004195145j:plain

 

エッセンスには規定濃度以上のフラーレンが配合されていることを証明するR.S.マークが付いています。さらにはフラーレンの働きをサポートする新型ビタミンC誘導体(APPS)、酵母、加水分解コラーゲンなども配合しているので、高いメラニン抑制力があるんだそうです。

 

f:id:otona12:20171004195741j:plain

 

こんなに沢山の役割を担っているなんて、つけないわけにはいきませんね。

  • ビタミンCの172倍の抗酸化力
  • メラニンを抑制する美白効果
  • ハリ・弾力が増してシワを減少
  • バリア機能回復効果
  • ニキビ予防・改善効果
  • 毛穴引き締め効果
  • 皮脂酸化抑制
  • 抗糖化
  • 炎症緩和

 

手に取ってみると、ちょっと白濁した液。化粧水が浸透したのを確かめてから、肌につけてみました。意外にさっぱりしてる? ベタつきがなくて、もちもち度がアップした感じです。

 

f:id:otona12:20171004200250j:plain

 

神田うのさん愛用13万円のクリームに負けない成分

 

さて最後の仕上げです。これ以上つける必要があるの?ってほど、充分に肌はうるおっていますが、クリームに行ってみます。

 

f:id:otona12:20171004200910j:plain

 

もともとはエステサロンで使用するために生まれたという特別なクリーム。入っているののはフラーレン、リポゾーム構造、プロテオグリカン、ヒアルロン酸Na、コラーゲン、エラスチン、十数種もの植物エキス・・・もう数えきれません。

 

なんと神田うのさんが愛用している13万円のクリームに、勝るとも劣らない成分が入っているんだそうですよ。なのにお値段はその1/10。これはもう、心して大切に塗らなくちゃいけません。

 

f:id:otona12:20171004202308j:plain

 

真っ白でラグジュアリー感たっぷりのクリームを、パール粒大、指に取りました。額、両頬、あごに乗せ、リンパの流れを意識してマッサージ。首にまで広げてハンドプレスしていると、至福感でいっぱいです。

 

さあ、フルコースを終えた経過写真を載せたいと思います。

まずは9月26日のスッピン。睡眠時間3時間の日々が続いて、かなり疲れています。

 

f:id:otona12:20171004203041j:plain

 

9月29日の朝から「ホメオバウ スターターセット」を使い始めました。2~3日は何の変化も見られませんでしたが、その日はいきなりやって来た!

使用して5日目の朝、10月3日のスッピンです。仕事がハードなのは相変わらずですが、くすみが消えています。肌の厚ぼったさが取れて、色もワントーン明るくなりました。

 

f:id:otona12:20171004203634j:plain

 

このあと外出が控えていたのでメイクをしました。

ベースはアテニアの「スキンレタッチャー」、ファンデはヴァントルテの「シルクパパウダーミネラルファンデーション」。アイブロウはナチュラグラッセの「アイブロウパウダー(オリーブグレー)」、アイラインは「ビューティーラッシュアイライナー 」、マスカラはメイベリンの「ラッシュニスタ」。最近はいつもこのパターンです。

 

f:id:otona12:20171004203917j:plain

 

どうですか? 我ながら見違えるほどの変わり映えです。使用したローション、エッセンス、クリームの全部が欲しくなっちゃいますよね。

 

「試しにお風呂上りに化粧水だけ使ってみてください。クリームを塗るのを忘れるほどですよ」と言われてトライしましたが、本当にその通り。疲れた肌にぐんぐん浸透して、朝までうるおいを与えてくれました。

 

スターターセットは現品換算の1/4の値段

 

f:id:otona12:20171004211000j:plain

 

ホメオバウ 化粧品はエステサロンを中心に、20年間コツコツとやってきた努力が評価され、今は全国500店のサロンで愛用されてるそうです。

広告費はほとんど使わず、エステシシャンが自ら使って広めていった特別なコスメ。PMさんの光り輝くお肌に見とれましたが、5日間のトライでも、ほんのちょっと近づけたかなと思うとニンマリしてしまいます。

 

今回私が使った「ホメオバウ スターターセット」は、初回限定・送料無料で1,080円(税込)。現品換算で4,770円の量が入っています。神田うのさんに対抗するわけじゃないですが、クリームだけでも相当な価値があるんじゃないかな。マイナス10歳の若返りが現実味を帯びてきた気がします。

 

f:id:otona12:20171004211108j:plain

公式サイトはこちら

ホメオバウ化粧品