Look 10 Years Younger

更年期からのコスメは引き算。お肌とお財布にやさしいオーガニック&ノンケミカル美容レビュー

抜け毛が激減!天使の輪のバージンヘアに戻る純石けん洗髪の方法


f:id:otona12:20170917141058j:plain

 

シャンプーを使わずに、お湯だけで洗髪することを「湯シャン」「ノンプー」と言い、福山正治さんやYOUさんが実践していることは有名です。でも何だか臭いそうだし、脱シャンプーまでいく勇気のない私は、固形の純石けんで洗髪することにしています。

 

 

 固形石けんシャンプーにおすすめの純石けん

 

最初に使い始めたのはマルセイユ・ド・サボン。そしてアレッポの石けん、ガミラシークレット、アルガン石けんと、洗顔に使う完全無添加のものを髪にも試してきました。詳しくは「スキンケア」のカテゴリーをご覧ください。

 

f:id:otona12:20170613005540j:plain

 

合成シャンプーをやめてノンシリコンのハーブ系シャンプーへ

 

若かりし20代、ファラ・フォーセットのヘアスタイルを真似していたころは、朝シャンが当たり前。シリコンの入ったケミカルで香料のきついシャンプー(レブロンのフレックス)で、よくゆすぎもせずに洗髪しておりました。太くて元気な髪なので特に心配してなかったのです。まさかシャンプーのたびにキューティクルが剥がれていくなんて、想像さえしませんでした。

 

f:id:otona12:20170613013251j:plain

 

でもシリコンによるコーティングが毛穴を詰まらせ、栄養分が行きわたらずに、髪が痩せて弱ってしまうと、医学博士から聞いたときは遅かった。美容院では髪のもつれを解くのに「細い髪ですね」と必ず言われるし、地肌の痒みのトラブルも抱えていました。

 

そして一大決心。50代のはじめにノンシリコンのシャンプーに変えました。ドラッグストアでは買わずに、こだわり商品研究所の「ブラック・ナチュラル・ヘアソープ」にシフト。合成香料、合成着色料などは一切無添加で、32種類の植物エキスが配合された黒い泥みたいなシャンプーです。下の写真はその当時の髪質です。

 

f:id:otona12:20170613013646j:plain

 

フランスの人気シャンプーで大量の抜け毛が発生

 

髪が元気になっても、いつも同じシャンプーを使っていると飽きてきて、浮気心が芽生えます。ある日、仕事帰りに若い女性たちで混んでいるショップを発見。フランスの人気ブランド、ロクシタンでした。店内はシアバターのやさしい香りがします。

 

オーガニックという言葉に弱い私は、素朴なボトルに惹かれ、5つのハーブとリペアリングコンプレックス配合のシャンプーとコンディショナー、ブラシが入ったセットを購入したのです。友人からも「ロクシタンのシャンプーは憧れだけど、高いから我慢しててるの」なんて話を聞いていましたからね。

 

それからは嬉しくて毎日シャンプー。仕上がりはサラサラとして、さすが「おフランス」って感じです。でもある日、大変なことに気付きました。バスルームの排水溝にごっそり溜まった抜け毛です。秋だから抜け毛のシーズンなのかなと思っていたら、どんどんひどくなる・・・。ネットで調べたところ、あのシャンプーは抜け毛が増えるという記事を見つけて、使用を中止しました。きっと私の地肌には合わなかったのでしょう。

 

以後はレフィーネのシャンプーを使っていましたが、良くもなく悪くもなくでした。値段ほどの価値があるかは???です。

 

液体シャンプーから固形の純石けんでの洗髪へ

 

そして還暦を迎えた現在は、石けん素地以外は入っていないものにシフトして、純石けんでの洗髪へ。癖っ毛ではありますが、下の写真のように手ぐしで乾かして天使の輪ができます。もちろん加齢とともに髪の量は減っていますよ。でもバスルームの排水溝に溜まる抜け毛は、ほんのわずかになりました。部屋に落ちている抜け毛の数も減って、掃除が楽です。

 

もし20代のときのまま合成界面活性剤入りシャンプーを使い続けていたら、今ごろはレディースウィッグのお世話になっていたかもしれません。

 

f:id:otona12:20170613014726j:plain

 

固形純石けんでのシャンプーの方法

 

最初に言っておきますが、合成シャンプーを使い続けてきた人ほど、石けんでの洗髪は大変です。髪はゴワゴワになるし、地肌がベタつく不快感が数カ月は続きます。それを我慢して乗り越えると、天使の輪が現れます。洗い方を書きますね。

 

  1. 髪はブラッシングして、お湯で充分に予洗いします。たっぷり水分を含むように3分間は洗いましょう。

     

  2. 石けんを手で転がして泡を作ったら、地肌をマッサージするように髪を洗います。2度洗いしても、あまり泡が立たなくて物足りないかもしませんが、お湯の予洗いで汚れの大半は落ちています。

     

  3. すすぎが最も大事。シャワーだけじゃなく、シャンプーブラシで梳かしながら洗面器で何度もゆすぎます。髪に張り付いた石けん成分をよーく落とさないと、後でベタベタになりますからね。

     

  4. 洗面器に小さじ1杯のクエン酸をお湯で溶いて、髪をジャブジャブと漬けてリンスします。何度もゆすいで洗い流します。

     

  5. あとは普通にドライヤーで乾かせば終わり。ブラシに石けんカスが付いたり、根元が固まった感じになるかもしれませんが、髪に入り込んだ合成シャンプーの成分が抜けてくるとベタベタが収まります。個人差があるそうですが、私は2カ月かかりました(半年かかる人もいるらしい)。

 

純石けんでのシャンプーに必要なもの

 

私はマリウスファーブル社のサボン・ド・マルセイユからスタートしました。そして最終的に落ち着いたのはアレッポの石けんです。石けんそのものは粘土みたいな匂いがしますが、洗髪後はかなり薄まり、乾かしたら匂いが消えています。

私は前髪にうねりが出やすく広がりやすいのですが、いろいろ比較して、アレッポの石けんが最もまとまりました。

 

www.younger10.net

あと必要なのはシャンプーブラシと、リンスに使うクエン酸。質の良いものが欲しいので、ねば塾のクエン酸 をネットで買って使っています。お風呂に入ったついでに、これで蛇口の金属を磨くとピカピカになりますよ。固形石鹸とクエン酸のセットは2カ月持つリーズナブルさです。

 

ねば塾 クエン酸 500g

新品価格
¥488から
(2017/6/13 02:25時点)

追記:

時代は進んで、シャンプーもオーガニック&ノンケミカルで、リンスが要らないものが登場しています。育毛効果や白髪予防の美容成分が含まれているものも。

石けんシャンプー以外で、おすすめできるものをご紹介しておきますね。頑固な癖毛がだんだんまっすぐになりました。

 

www.younger10.net

www.younger10.net